MUJI×UR 団地リノベーションプロジェクト 第2期募集を実施

PR TIMES / 2013年9月13日 20時34分



独立行政法人都市再生機構西日本支社(支社:大阪府大阪市 理事・支社長:大西誠)(以下、「UR西日
本支社」という。)とムジ・ネット株式会社(本社:東京都豊島区 代表取締役社長:松井忠三)は、昨年6月、
現代の多様化した日本の暮らしに新たな賃貸リノベーションのスタンダードを発信に取り組むべく、「MUJI×UR
団地リノベーションプロジェクト」を立ち上げ、新たな賃貸住宅リノベーションに取り組んできました。
このたび、本プロジェクトとして二社共同して取り組んだリノベーション住宅の第2 期募集を実施し、別紙の要領で
入居者を募集することになりましたので、お知らせいたします。


MUJI×UR 団地リノベーションプロジェクトについて


1 取り組み概要

日本の暮らしのスタンダードを追求してきたUR西日本支社と、「生活美学の専門店」を目指している無印良品と
が、昨年6月、現代の多様化した日本の暮らしに、新たな賃貸リノベーションのスタンダードを発信すべく、「MUJI
×UR 団地リノベーションプロジェクト」を立ち上げました。
今回のプロジェクトは、WEB 上で展開するコラムなどを通したお客様とのコミュニケーションを踏まえ、団地のもってい
る様々な可能性を活かして、これまでにない暮らし方を賃貸住宅で実現しようとする試みです。

様々な可能性を活かして、これまでにない暮らし方を賃貸住宅で実現しようとする試みです。
「日本で『賃貸=借りて住む』ことをもっと楽しい選択に変えていきたい」、「住まいもリノベーションしながら長く住み
つないでいくことがこれからのスタンダードになってほしい」、このような思いでプロジェクトに取り組みました。


2 商品企画概要


団地の歴史を古きよきものとして活かしつつ、これからも多くの方に長く心地よく住みつないでいただけるよう、「こわ
しすぎず、つくりすぎない」というコンセプトでリノベーションを行っています。
すべてを壊すのではなく、使えるものは残し上手に活かすことは、今を大切にし、未来へつなげていく取組みと考え
ています。
また、住宅の素地を活かして、「住み手が自由にできる余地を残す」ことができるように、様々な工夫を行っています。
今回の募集プランは、本年1 月に記者発表、2 月に募集し、若い世代を中心に大変好評をいただいた住戸と同
プランで、各プランの特徴は以下の通りです。
各団地、各プランの特長は次のとおりです。


(各プランの特長)
リバーサイドしろきた
PLAN01(Re+※ 001)
PLAN02(Re+※ 002)
家具などで自由に仕切れるよう小天井を設け、ゆるやかな一室空間を実現。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング