BSA違法コピー番付、日本のコンピュータ利用者39%が違法コピーソフトを入手と回答 ~ 2011年における違法コピー損害額は1,500億円 ~

PR TIMES / 2012年5月15日 14時56分

ビジネス ソフトウェア アライアンス(本部:米国ワシントンDC、会長:ロバート W. ハリマン II、以下BSA)は本日、世界のソフトウェアの違法コピーによる損害状況をまとめた「BSA世界ソフトウェア違法コピー調査2011」(略称、 違法コピー番付)を発表しました。調査結果では、「いつも」「ほぼいつも」との回答は一部だったものの、利用者の3人にひとりは「ときどき」或いは「まれに」違法コピーをすると回答するなど、日本のコンピュータ利用者のうち違法コピーソフトを取得した利用者が39%であったことが明らかになりました。
今年で9回目となる違法コピー番付の「違法コピー率部門」は、日本は昨年から順位を2つ下げ世界第3位の21%という結果でした。これは利用者がインストールしたプログラムの5つにひとつがライセンス違反であったことを示すもので、経済的損失は18.75億USドル(約1,500億円* )にのぼります。
今回の結果を受け、BSA日本担当共同事務局長の竹下千恵は、「もし消費者の39%がソフトウェアを万引きすると予告すれば、実行されるか否かに関わらず、当局は警察によるパトロールや罰則の強化によって対応するでしょう。ソフトウェアの違法コピーについても、これと同様の対応が求められているのです。組織的な教育や法律の厳格な適用が必要です」と述べています。
日本の調査結果では、違法コピーを行っている人のうち14%が、「いつも」「ほぼいつも」或いは「ときどき」ソフトウェアを不正に入手していると回答し、「まれに」行なっていると回答したのは25%でした。性別では男性が52%を占め、世代別では18歳から44歳が全体の69%を占めることが明らかになりました。
BSAの会長兼CEOであるロバート W. ハリマン IIは、「ソフトウェアの違法コピーはグローバル経済、IT革命、雇用創出において損失を与え続けています。各国政府は知的財産関連法を最新の内容に改正および施行することで、違法コピーに対して相応の処罰強化が適用されるようにすべきです」と述べています。 


            ■「違法コピー番付」専用ページ(日本語)
            www.bsa.or.jp/GlobalSoftwarePiracyStudy.html
 

今回の調査結果の世界的な傾向としては、成熟市場より新興市場の違法コピー率が高いことが挙げられ、その平均値は68%対24%と大きく乖離していることが分かりました。近年、世界のソフトウェア違法コピー率が42%を前後する中、世界の損害額は2011年には634.56億USドル(約5 兆745億円* )にまで増大しています。その起因として、徐々に拡大してきた新興市場における損害額の増加傾向が挙げられます。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング