1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

「いい夫婦 パートナー・オブ・ザ・イヤー 2012」レスリング女子48キロ級金メダリスト 小原日登美・康司夫妻に決定!  

PR TIMES / 2012年11月12日 17時1分



11月22日は「いい夫婦の日」!2012年度「いい夫婦の日」キャンペーン 
「いい夫婦 パートナー・オブ・ザ・イヤー 2012」   

レスリング女子48キロ級金メダリスト 小原日登美・康司夫妻に決定!

「いい夫婦の日」をすすめる会は、毎年、一般応募の得票数と社会背景を基に選出する理想の有名人夫婦「いい夫婦 パートナー・オブ・ザ・イヤー」を発表しています。14回目を迎える本年の「いい夫婦 パートナー・オブ・ザ・イヤー2012」に、レスリング女子48キロ級金メダリスト小原日登美・康司夫妻が決定しました。

「いい夫婦 パートナー・オブ・ザ・イヤー 2012」に決定した小原夫妻に対して、一般からの推薦理由で目立ったのは、「夫婦の強い絆に感動」、「二人三脚の努力の賜物」、「支え合って苦難を乗り越えたお二人」、「結婚指輪が素敵」、「理想の夫婦」といった言葉でした。

今年は政治・社会的には閉塞感がある一方、芸能人の結婚・出産の話題が多くあり、明るい話題も多い年でしたが、夫婦の心の絆が未来の家族にも大事ではないかと考え、一度は挫折を味わった日登美さんを夫の康司さんが支え、見事栄光を勝ち取ったお二人を選出しました。

「パートナー・オブ・ザ・イヤー」は、「いい夫婦の日」をすすめる会が毎年、理想の夫婦・カップルにふさわしいお2人を広く一般から投票していただき、一般応募の得票数とその推薦理由、社会背景を基に選出しています。はがき、インターネットを通じて募った本年の投票総数は15,341件でした。(投票期間:8月1日~10月5日)

「いい夫婦 パートナー・オブ・ザ・イヤー 2012」は、夫婦で支えあう「愛情」や「感謝」の気持ちを表現することの大切さを今一度見直していただきたい、そういう願いも込めて、今後も選出してまいりたいと考えています。

■小原日登美(おばらひとみ)・康司(こうじ)夫妻コメント
Q1:お二人の出会いを教えてください。
一番最初はちびっ子レスリングで、その後、高校の先輩、後輩。

Q2:お互いの好きなところを教えてください
(康司さん)一緒にいて楽しい所。
(日登美さん)なんだかんだ言って、私のことをしっかり考えてくれてる所。

Q3:お互いにここは直して欲しいというところがあれば、教えてください。
(康司さん)ものをなくす所。人の話を聞かない所。
(日登美さん)運動不足。

Q4:最近の夫婦のエピソードがあれば教えてください。
(康司さん)最近ジムに通い始めて、一緒に泳いだりしてます。
(日登美さん)同じ。

Q5:夫婦円満の秘訣を教えてください。
(康司さん)プラス思考で、どんな時も楽しむ。疲れた時は金メダルを獲得した時のDVDを見直す。
(日登美さん)言いたい事を溜めずにハッキリ言う。

Q6:結婚記念日に何かしているか、エピソードがあれば教えてください。
(康司さん)1年目は紙婚式、今年は綿婚式って紙に書いて写真撮影してます。50年目の金婚式にアルバムを作るのが目標です。

(日登美さん)同じ。

■小原日登美・康司夫妻プロフィール

〇小原日登美さん
レスリング・女子48kg級  生年月日:1981年1月4日生  出身:青森県八戸市  出身校:八戸工大第一高校、中京女子大卒  
自衛隊入隊:2005年4月1日入隊  現所属:自衛隊体育学校  現階級:1等陸尉  身長:155cm 体重:55kg
主な戦歴:

1999年全日本選手権初優勝、2000年世界選手権優勝、2001年世界選手権優勝(2連覇)、2005~8年世界選手権4連覇、2010~11年世界選手権2連覇、通算世界選手権8度優勝、2012年ロンドン五輪優勝

〇小原康司さん
生年月日:1982年1月28日  出身:青森県八戸市  出身校:八戸工大第一高校卒  自衛隊入隊:2000年10月16日入隊
現所属:海上自衛隊第3術科学校  現階級:3等海曹  身長:166cm 体重80kg
主な戦歴:

2003年全日本選手権3位、2008年全日本社会人選手権優勝、2008年モンゴルプレジデントカップ3位

■「いい夫婦 パートナー・オブ・ザ・イヤー 2012」投票結果
公募期間:平成24年8月1日~10月5日  

応募総数:15,341票

■「いい夫婦の日」をすすめる会とは
1985年に政府が「ゆとりの創造月間」を11月に制定。
1988年には、財団法人余暇開発センター(現・財団法人日本生産性本部)が夫婦で余暇を楽しむゆとりあるライフスタイルを提唱しました。それをきっかけに新しく制定されたのが「いい夫婦の日」です。
その日付については、「いい夫婦」との語呂合わせで11月22日に決定したといわれています。
同センターによる普及のためのキャンペーンは1988年より実施。
その後、(社)日本ボディファッション協会の塚本能交代表が「いい夫婦の日」の趣旨に賛同され、ファッション・アパレル関連業界による「いい夫婦の日」をすすめる会(7団体・2,200社)が発足しました。
1998年には新キャンペーンがスタート。「いい夫婦の日」は夫婦を単位とした新しいライフスタイルの提案とモラルの啓発活動と併せて、新しいマーケット・モチベーションの創出を目的として広がっています。

現在は、構成団体・協賛企業・協力企業が同じプログラムのもとに共同の販促プロモーション活動を行い、産業界にとってのビジネス拡大にも寄与しています。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング