オトナ女子境界線は、「26.6歳」! オトナ女子を悩ます「頭痛・生理痛」のつらさは「理不尽な上司」以上!? その代償は年間で平均「15.8万円」にも。

PR TIMES / 2012年3月28日 14時33分



新入学・新入社シーズンを前に、「バファリンルナi・オトナ女子研究所(ライオン株式会社)」は、「頭痛」や「生理痛」に悩む20~39歳の女性1,000名に対して「現代社会を生きるオトナ女子の“ガマン”実態」に関する調査を実施いたしました。その結果、オトナ女子が感じている「オトナ」の境界線や、日頃の“ガマン”の実態が明らかとなりました。

■ オトナの境界線は、いつから?本当のオトナ女子は「26.6歳」から

まず、「何歳からオトナだと思いますか?」という問いに対しては、63%が「25歳以上」の年齢を回答し、平均すると「26.6歳」という結果に。20~30代女性にとって、「20歳」=「オトナ」ではなく、26歳を超えてからが「オトナ」であるようです。具体的に「自分が『オトナ』になったと感じる瞬間はどのようなときですか?」と聞いてみると、「不快なことを我慢して笑顔で対応できたとき。(25歳)」、「昔買えなかった物を自分の稼いだお金で自由に買える瞬間。(27歳)」、「親孝行したいと思うようになったとき。(28歳)」など、精神的・経済的な余裕を持ち始めることで「オトナ」と感じたという回答が多くあがりました。中には、「若い子のテンションについていけないとき。(27歳)」、「若く見せようと思ったとき。(29歳)」と、若さを意識することで「オトナ」を感じたという意見も。

■ オトナになるとガマンが増える!! オトナ女子は、「上司・後輩」にも「日本の政治」にもガマンしている!?

つづいて、「オトナになってガマンすることが増えていると感じますか?」という問いに対しては、86%が「増えている」と答え、中でも36%が「とても増えている」と答えました。そこで、「普段どんなことをガマンしていますか?」と聞いたところ、「上司の理不尽な行動(理不尽な説教・仕事の丸投げなど)」(67%)や、「後輩・部下の礼儀のなさ・気の利かなさ」(44%)など、仕事上のガマンが上位に多くあがりました。仕事以外にも「貯蓄や節約のための衝動買い・無駄遣い」(49%)に加え、「疲れて帰宅した後のメイク落とし」(35%)、「女子会での愛想笑い」(30%)など女性ならではのガマンも確認されます。また、「日本の政治/政治家」(41%)といったガマンも上位に入っており、仕事やプライベートでのガマンだけでなく、社会の一員としてのガマンも背負っているようです。その他、ガマンの声を拾うと、「上手くいかない恋愛。(23歳)」、「失恋の傷が治らない最中の、幸せな恋愛・結婚の話題。(27歳)」といった恋愛のガマンや、「やりたいことが出来ない。時間が足りない。(25歳)」、「睡眠時間。(26歳)」など忙しさによるガマンも多くあがっており、オトナ女子が普段から様々なガマンをしている実態が浮き彫りになりました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング