株式会社サンコー様 アジャイル開発でAndroidタブレット用の 「作業実績登録システム」を開発

PR TIMES / 2013年8月29日 14時5分

~Magic xpaの特性を活かして現場の声をシステムに反映~

マジックソフトウェア・ジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区 以下:マジックソフトウェア)は、ガス栓・フレキ管用継手・金具・工具等を製造・販売する株式会社サンコー(本社:埼玉県川口市 以下:サンコー)様が、”Magic xpa Application Platform”で(以下 Magic xpa)でAndroidタブレット(Nexus7)用モバイルアプリの「作業実績登録システム」を開発し、2013年4月から運用を開始されたことを発表します。



【開発の背景】
サンコー様は、新潟工場内の生産管理システムや各サブシステムをMagic xpaで開発されていました。
製造指示、製造履歴、作業管理票をデータ化して、生産管理システムに連携し、業務の効率化につなげたいとの考えから、従来紙ベースで実施していた作業実績管理をシステム化することにしました。
開発にあたっては芝通アドバンス株式会社様が担当しています。


【現場の声を2週間サイクルでシステムに反映】
 サンコー様内に組織横断的なプロジェクトチームが結成され、現場の声がシステム開発に活かされていきました。芝通アドバンス様がMagic xpaで開発したプロトタイプをもとに、プロジェクトチームの方々が課題や改善案を話し合い、2週間サイクルの繰り返し開発・評価・検証・修正をしていきました。

(サンコー 取締役 細井氏のコメント)
「入力するのは、現場です。現場の人間にとってより使い勝手に優れたシステムを作るために、との考えからでした。これが成功を収めました。」


【Magic xpaの特性を最大限に活かしたアジャイル開発】
両社は、現場の声を最優先として密接なコミュニケーションをとり、Magic xpa ならではの生産性と柔軟性に優れた特性を最大限に活かした、アジャイル開発を実現されました。
芝通アドバンス様はプロジェクトチームの方々とドキュメントを共有し、試験稼動させながら『ここの項目はこうなっていた方がいい』というような現場の声をすくい上げ、プログラムを修正、オンラインでアップデート、リモートで新しい実行形式を送信して確認、ということを繰り返し、システムを育てていきました。


(芝通アドバンス 取締役 赤塚氏のコメント)
「現場の状況に合わせて柔軟かつ迅速な改修を行えるのは、ずっと変わらないMagic xpa の良さですね。こうした開発手法は、Magic xpa だからこそ実現できるのではないでしょうか。」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング