「美白をしている“つもり”が・・・」6割が昨夏のケアに失敗!? 皮膚科医・友利新氏が語る、夏の美白ケアの落とし穴。 “つもり美白”から卒業するスキンケアに役立つ保湿成分とは。

PR TIMES / 2012年5月30日 11時18分



トレンド総研(東京都渋谷区)は、第一三共ヘルスケア株式会社(東京都中央区)と共同で、20~49歳の女性500名を対象に、「夏のスキンケア」に関する意識調査を実施しました。
本調査からは、夏には多くの女性が美白ケアに取り組んでいるものの、十分な効果を感じている人が伴っていないという実態が明らかになりました。
また、今回の調査結果を受け、皮膚科医の友利 新(ともり あらた)先生に夏の美白ケアのポイントをお伺いしました。


・調査対象:20~49歳 女性 500名 (全国)
・調査期間:2012年4月26日~5月1日
・調査方法:インターネット調査


■美白をしていた“つもり”が・・・。昨年の夏は、6割の女性が美白に“失敗”!?

まず、「夏に行っているスキンケア」について聞くと、「美白ケア」という回答が最も多く、61%にのぼりました。
一方、「冬に行っているスキンケア」で最も多かった回答は「保湿ケア」(69%)であり、多くの女性が、夏は「美白」中心、冬は「保湿」中心のケアと、意識を切り替えているという傾向が改めて明らかになりました。
また、「美白ケア」の方法としては、「紫外線を遮断するアイテムを使う」(71%)といったシミの原因を作らないためのケアから、「シミ・ソバカスを緩和するスキンケア用品を使う」(48%)など、できてしまったシミを薄くするケア、「肌をトーンアップするスキンケア用品を使う」(30%)といった肌のトーンをあげるケアまで様々で、こうした「美白ケアにかける年間費用」を聞くと、平均「19,158円」という結果に。
また「夏に最も力を入れているケア」が「美白ケア」と答えた女性の年間投資額は、平均「28,271円」となり、一般女性の平均よりも10,000円近く上回っています。

ただし、「夏に、日焼け止めを塗っていたにもかかわらず、日焼けをしたり、シミができた経験はありますか?」という質問には、32%が「よくある」、51%が「たまにある」と回答しており、さらに「昨年の夏の美白ケアの結果」について聞くと、「十分な対策をし、効果を実感した」と答えた人は、わずか17%にとどまりました。
「十分な対策ができなかった」(41%)という回答のほか、「十分と思われる対策をしたが、効果は実感できなかった」(21%)という回答も多く、6割以上の女性が、昨夏は美白ケアに“失敗”と考えているようです。

調査結果からは、美白ケアをしているつもりでも、実際には十分な対策ではない、または効果を感じられていない、“つもり美白”になってしまっている女性が多い様子がうかがえます。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング