株式会社ドーム(アンダーアーマー) ハヤブサジャパン バスケットボール男子日本代表選手を対象に 総額1500万円を原資とする特別報酬制度 「Japan Pride(ジャパンプライド)」のスポンサーに

PR TIMES / 2013年5月28日 9時43分

================================

株式会社ドーム(アンダーアーマー)
ハヤブサジャパン バスケットボール男子日本代表選手を対象に
総額1500万円を原資とする特別報酬制度
「Japan Pride(ジャパンプライド)」のスポンサーに

================================

 株式会社ドーム(東京都品川区/代表取締役社長 安田 秀一)は、平成25年度バスケットボール男子日本代表選手を対象とする特別報酬制度「Japan Pride(ジャパンプライド)」のスポンサーとなることを公益財団法人 日本バスケットボール協会(東京都品川区/会長職務代行 深津 泰彦)と合意しました。

 この「Japan Pride(ジャパンプライド)」の導入は、「日本代表に相応しい待遇の確立」が目的です。60万人を超える競技登録者数を誇るバスケットボール競技の日本代表として、これまで以上に選手が日本代表に選出されることを誇りに感じ、尊厳をもって戦うために、当制度の導入が必要と判断し、同協会に提案しました。

 平成25年度は、総額1500万円を原資とし、対象大会における日本代表としての活動報酬を中心に、日本代表選出に対する報酬、試合結果への報酬、試合での優れた選手への個人賞を設け、当制度の発案者及びスポンサーである株式会社ドームから、同協会を経由し、当該選手に対して支払われます。

 株式会社ドームは、「バスケットボールを日本の一大スポーツに」という目標を掲げ、今年度から男子日本代表のオフィシャルサプライヤー契約、同じく女子日本代表のオフィシャルインナーウェアサプライヤー契約を日本バスケットボール協会と締結しました。現在、この特別報酬制度のみならず、国際親善試合への集客支援等、さまざまな積極的な提案をしており、今後、その実現に向け、取り組んで参ります。


== 記==
■名称 特別報酬制度「Japan Pride(ジャパンプライド)」
■目的 「日本代表に相応しい待遇の確立」
■主な内容
(1)総額: 1500万円
(2)対象大会:
1.公式大会 第3回東アジアバスケットボール選手権大会(2013年5月/韓国)
  第27回FIBA ASIA男子バスケットボール選手権大会(2013年8月/フィリピン)
2.国際親善試合(予定:2013年6月/宮城県仙台市、東京都渋谷区)
(3)対象者: 男子日本代表選手
(4)対象内容(上記対象大会における):日本代表活動日への報酬
                         日本代表選出に対する報酬
                         試合結果への報酬
                         個人賞

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング