【東洋大学】第3回 生体医工学研究センターシンポジウム 「ストレスの可視化に向けて ―ストレスマネージメントの可能性―」を2月17日(日)開催 

PR TIMES / 2013年2月8日 9時13分

============================
第3回 生体医工学研究センターシンポジウム
「ストレスの可視化に向けて
―ストレスマネージメントの可能性―」を開催
日時:2013年2月17日(日)14:00~17:30
場所:東洋大学白山キャンパス 井上円了ホール
主催:東洋大学生体医工学研究センター
============================



 東洋大学(文京区白山/学長・竹村牧男)では、2月17日(日)に、東洋大学生体医工学研究センター
主催シンポジウム「ストレスの可視化に向けて ―ストレスマネージメントの可能性―」を開催します。
 生体医工学研究センターは、東洋大学大学院工学研究科での研究教育を基盤に「脳科学を基盤とした
ストレスの可視化によるヘルスサポートシステムの開発」をテーマに研究しています。 
 また、当研究はその社会的需要と先進性により、平成22年度文部科学省「私立大学戦略的研究基盤形成
支援事業」に採択されています。

  3回目となる今回のシンポジウムでは,「ストレスの可視化に向けて ―ストレスマネージメントの可能性―」
をテーマに、ストレスと運動に着目し、脳科学的アプローチによりストレスの可視化を試みている本研究センター
の取り組みを紹介します。

【シンポジウム 「ストレスの可視化に向けて―ストレスマネージメントの可能性―」概要】
■日   時 :2013年2月17日(日)14:00~17:30
■場   所 :東洋大学白山キャンパス 井上円了ホール
       〔東京都文京区白山5-28-20  http://www.toyo.ac.jp/access/hakusan_j.html
■主   催 :東洋大学生体医工学研究センター
■参 加 費 :無料 ※事前申し込み不要


【プログラム】
14:00~14:10 センター長挨拶 生体医工学研究センター長/東洋大学理工学部教授 寺田信幸

14:10~15:10 講演 1「バイオフィードバックトレーニングによるブラキシズムの治療」
       明海大学歯学部教授 藤澤政紀

15:10~16:10 講演 2「筆跡の時間情報を用いたメンタルヘルス不調の予兆把握」         
       東洋大学生命科学部教授 川口英夫
16:10~16:30 休憩
16:30~17:30 講演3「日常生活で経験する様々なストレス反応は脳のどこで起こるのか?~特に脳幹部の役割について~」
       メルボルン大学フローリー神経科学研究所 Dr.Robin M.McAllen

       ※英語講演 ( 同時通訳あり )


【一般からのお問い合わせ】
東洋大学生体医工学研究センター 
URL  http://www.toyo.ac.jp/rc/bme/  
TEL:049-239-1943 MAIL:bme@toyo.jp

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング