<タキイ種苗>「夏バテと食生活」に関する調査。2人に1人は夏バテ経験あり!

PR TIMES / 2014年7月25日 9時27分

夏バテに効果があると思う生活習慣ベスト3は・・・「睡眠をよくとる」(70.6%)「水分を多めにとる」(50.6%)「冷たい食べ物をとりすぎない」(48.8%)

日本人は潜在的に、夏野菜に夏バテ効果を期待!?
「夏バテ防止には野菜を摂取すると効果があるか?」に7割以上が「思う」と回答
「夏バテに効く野菜」&「夏によく食べる野菜」については、「夏野菜」を中心にランクイン!!
その中で夏野菜の代表格「トマト」は両方で最も支持を受ける結果に!



 タキイ種苗株式会社(所在地:京都市下京区、代表取締役社長:瀧井傳一)は、暑さが強まり食欲が落ちがちなこの季節に“食”、特に夏バテに効果があると思われている「夏野菜」について注目し、「夏バテと食生活」に関する調査を20~60代の男女340名を対象に実施しました。

 今回の調査では、「これまでに夏バテを感じたことはありますか」や「日々の生活で夏バテに効果があると思われることは何ですか」など夏バテと生活習慣、食生活について着目しました。その中で、「夏バテを感じたことがある」人は、「よくある」(12.4%)、「ときどきある」(45.0%)を合わせて、57.4%の半数以上が感じたことがあることが明らかになりました。また、夏バテに効果があると思う生活習慣は、「睡眠をよくとる」(70.6%)の他に、「水分を多めにとる」(50.6%)や「冷たい食べ物をとりすぎない」(48.8%)など食生活にも気を付けることが重要と考えている人が多数いることが分かりました。

 一方で、「夏バテ防止には野菜を摂取すると効果があると思いますか」という質問には、「思う」(27.6%)、「やや思う」(47.1%)を合わせて74.7%以上の人が野菜に夏バテ防止効果を期待していることが分かり、さらに「効果がある」と感じる野菜は、「トマト」(49.4%)、「にんにく」(31.2%)、「ゴーヤ」(24.7%)の順位となりました。近年、農業技術の進歩や品種改良などにより様々な種類の野菜が年間を通して入手できる中、多くの人が夏野菜を選び、潜在的に夏野菜が夏バテに効果があると期待していることが分かりました。
 今年は「夏野菜」を効果的に摂取し、夏バテ対策をこころがけてみてはいかがでしょうか。

◆「夏バテと食生活」に関する調査
■2人に1人は、「夏バテ」経験者!
Q1. これまでに夏バテを感じたことはありますか<n=340>(SA)
「よくある」(12.4%)+「ときどきある」(45.0%)=57.4%
四季のある日本ならではの「夏バテ」。
主な症状には食欲不振や、全身のだるさなどがあり、ひどい時には「夏バテ」が原因で風邪をひいてしまうことも。

PR TIMES

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング