~これから海外旅行へ出かける方に知ってほしい~ 「出入国審査がスピーディーになる自動化ゲート」 「海外への渡航前にしておきたい、4つの安全対策」

PR TIMES / 2014年4月24日 11時24分



いよいよ海外へ出かける方が多くなるゴールデンウイークです。目前に控えた旅行に向けて、渡航の準備をしている人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、内閣府政府広報室が運営する政府広報オンラインより「出入国審査がスピーディーになる自動化ゲート」「海外への渡航前にしておきたい、4つの安全対策」の2つについてお伝えします。

フライト当日でも利用者登録が可能です!
出入国審査がスピーディーになる自動化ゲート

海外出張や海外旅行で出国するとき、帰国したときに必ず通らなければならない「出入国審査」。混み合う時期や時間帯は、審査カウンターの前に長い行列ができ、出入国審査を通るまでに時間がかかってしまうことが少なくありません。

こうした審査場の混雑を緩和するため、成田空港や羽田空港、中部空港、関西空港の出入国審査場に「自動化ゲート」が導入されているのをご存じでしょうか。

「自動化ゲート」は、パスポートと指紋の照合で本人確認を行い、自動的に出入国手続きができる「出入国管理システム」です。出国審査前に自動化ゲートの利用登録をしておけば、出入国審査場が混んでいるときでも、審査カウンターの長い列に並ばずに、自動化ゲートの専用レーンを使って、スムーズ&スピーディーに出入国審査の手続きを行うことができます。

自動化ゲートを利用するためには、出国審査をする前に、登録カウンターで自動化ゲートの利用者登録をする必要があります。登録はフライト当日でも可能です。登録ができるのは、有効なパスポートを持つ日本人、また、外国人の方は再入国許可(※1)や、みなし再入国許可制度(※2)の対象となっている方です。外国人の方で、過去に利用者登録した方でも、みなし再入国許可により出国する方は、改めてみなし再入国許可に対応した利用者登録を行う必要があります。

※1 再入国許可…日本に在留する外国人が一時的に出国し、再び入国する場合に入国・上陸の手続を簡略化する目的で法務大臣が当該外国人に与える許可
※2 みなし再入国…出国の日から1年以内(特別永住者証明書をお持ちの方については、2年以内)に再入国する場合の再入国手続きを原則不要にする制度

<自動化ゲートの利用方法について、詳しい解説はこちらから>
URL:  http://www.gov-online.go.jp/useful/article/201009/5.html


事前の安全対策が重要です
海外への渡航前にしておきたい、4つの安全対策!

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング