ニコラシャール銀座本店から2月限定ガチャピン・ムックのシュークリームが登場!2/11(火)銀座ショコラストリート(R)にガチャピンとムックが現る

PR TIMES / 2014年2月12日 9時33分



今、銀座で最も注目のスポットである、日本一のショコラスイーツの聖地「銀座ショコラストリート(R)」に、2014年1月2日オープンした、「料理の様に手間と時間をかけたスイーツ」が楽しめる新ブランド「ニコラシャール銀座本店」。


オーナーシェフのニコラシャールは自分の作ったものを食べた人に、新しい発見をしてもらいたい、また、自分がフランスと日本の架け橋になりたいという思いから、両方の国のエッセンスを取り入れた、人々を楽しませる様々な仕掛けと工夫が凝らされている。

そんな彼の代表作はハーブや薔薇を使い、フレンチ料理のエッセンスを取り入れた、見た目にも可愛らしいうさぎ型のシュークリームだが、今回、日本の人気キャラクターである「ガチャピン・ムック」とコラボレーションした2月限定のシュークリームが発売する。


2月限定で発売するガチャピン・ムックのシュークリームは、2人のデザインをモチーフに出来上がっており、食べるのを躊躇するほど可愛らしい。

しかし、ニコラシャールの真髄は見た目の完璧さだけではない。

ガチャピンとムックの2人にそれぞれ、日本とフランスのエッセンスを分けて取り入れた。


ガチャピンのシュークリームには、和のテイストを存分に感じられる抹茶と小豆を使用。


小豆の優しい甘さとニコラシャールの滑らかなムースと合わさった抹茶の香りはどこか懐かしく、品がある。まるで、フランスにいながら日本の抹茶を楽しんでいるかの様な余韻を感じさせる。

子どもだけでなく、大人も満足できる上品な味わいだ。


そして、ムックのシュークリームは、フランスを存分に感じることが出来る。

使用されているのは、イチゴとルバーブとジンジャーのジャム。

日本では耳馴染みがないルバーブも、りんごに似たような酸味とアンズのような香りが特徴的で、フランスではフルーツと煮詰めてジャムに使用することが多い野菜だ。

そのルバーブの甘酸っぱい香りとイチゴの甘い香りは相性抜群で、さらに、そこにジンジャーを加えることで、くどくなり過ぎる後味を引き締める当たりは、料理のエッセンスを取り入れるニコラらしいアイディアだ。


見た目も可愛らしいガチャピンとムックのシュークリームは子ども達だけでなく、ぜひ、大人にも楽しんで欲しい家族の為のシュークリームだ。

ガチャピンムックシュークリームは2月11日より発売。


発売初日にはガチャピンとムックが銀座ショコラストリート(R)に駆けつけ、発売記念イベントを行う。

ガチャピンとムックと一緒に写真を撮れる滅多にないチャンス。

更に、先着10組限定で今回のガチャピンムックシュークリームを二人からプレゼント。

1日限定のイベントの為、こちらもぜひ、家族で楽しみたい。


【商品詳細】

ガチャピン・ムックシュークリーム 2個セット ¥1,300(税込)


【ニコラシャール営業時間】

平日11:00~21:00 (LO 20:30)

金・土・祝前日11:00~22:00(LO 21:30)


【毎週土曜日開催中のミュージックフェスタ】

毎週末の銀座ショコラストリートにはプロのミュージシャンが登場するショコラストリートミュージックフェスタを開催中。プロの演奏家の生の演奏を聴きながら銀座で優雅なカフェタイムを楽しみたい。


問い合わせ先:

ニコラシャール銀座本店

03-6264-1525

http://nicolascharles.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング