クリエイターズマッチ 、アドウェイズ社と業務提携

PR TIMES / 2020年6月23日 10時40分

先進的なクリエイティブフォーマット「UNICORN Interactive AD」の提供を開始

株式会社クリエイターズマッチ(本社:東京都千代田区、代表取締役:呉京樹 ゴ ケイジュ、以下「クリエイターズマッチ」)は、国内最大級のアフィリエイトサービス「JANet」「Smart-C」の運営をはじめ、スマ―トフォン向け広告配信サービス「AppDriver」や全自動マーケティングプラットフォーム「UNICORN」を展開する株式会社アドウェイズ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:岡村 陽久、以下アドウェイズ))とブランドマーケティングに関する業務提携をいたしました。



[画像1: https://prtimes.jp/i/33716/26/resize/d33716-26-365349-0.png ]


この度の業務提携により、クリエイターズマッチが持つインターネット広告制作において国内トップクラスを誇る制作実績とノウハウ、クリエイティブに特化したクリエイターのネットワーク力、広告クリエイティブのプラニング力を駆使し、アドウェイズが提供する先進的なテクノロジーを活かしたクリエイティブフォーマット「UNICORN Interactive AD」で広告主のブランドマーケディング、プロモーションを包括的に支援いたします。

UNICORN Interactive ADの特徴
スマートフォン上に表示される広告枠内でインタラクティブ性ある表現ができる各種フォーマットを持ち、それらを活用する事で、これまでユーザーが体験することができなかった全く新しい広告コミュニケーションを実現します。


[画像2: https://prtimes.jp/i/33716/26/resize/d33716-26-387929-1.png ]

クリエイティブの重要性
「UNICORN Interactive AD」は、全自動マーケティングプラットフォーム「UNICORN」において配信が可能になります。これまでのデジタルアドと大きな違いは広告配信のパフォーマンス志向でなく、ユーザーとの接触機会と時間を増やす認知、興味喚起のエンゲージメント志向に効果を発揮します。

これまでの広告は静止画を軸にしたクリエイティブがメインで遷移先ページへの誘導が主な機能になりますが、「UNICORN Interactive AD」は認知と同時に興味喚起を高め遷移させる事ができるため、これまでとは違う発想で効果の出るクリエイティブプラニング、制作・開発する事が重要になります。


[画像3: https://prtimes.jp/i/33716/26/resize/d33716-26-264474-2.png ]


「UNICORNについて」
月間買い付け可能トラフィック5,000億impを超える国内最大級のモバイルアプリ向けの全自動マーケティングプラットフォーム。SSPとのRTB取引の中でリアルタイムにインプレッションの価値を予測し、UNICORN上で展開される各キャンペーンにとって最適な価格での自動入札を実現。

https://uni-corn.net/


株式会社アドウェイズについて

代表者:代表取締役社長 岡村 陽久
所在地:東京都新宿区西新宿八丁目17番1号 住友不動産新宿グランドタワー38階
設立 :2001年2月28日
資本金:1,605百万円(2019年3月末現在)
業務内容: スマートフォン向け広告事業、インターネット(PC)アフィリエイト広告事業、モバイルアフィリエイト広告事業、メディア開発・運営事業
URL: https://www.adways.net/

2001年設立。2006年に東証マザーズ上場。国内最大級のアフィリエイトサービス「JANet」「Smart-C」の運営をはじめ、スマ―トフォン向け広告配信サービス「AppDriver」や全自動マーケティングプラットフォーム「UNICORN」を展開する。また、アプリやコンテンツの企画・開発・運営など多彩な事業を展開。日本を始め、アジアを中心とした世界各国への海外展開も行なっている。

株式会社クリエイターズマッチについて

代表者:代表取締役社長 呉 京樹(ゴ ケイジュ)
所在地:東京都千代田区内幸町1−1−6 NTT日比谷ビル9F
設立 :2007年8月1日
資本金:201,001,481円
業務内容:クリエイティブ制作事業、クラウドサービス事業、クリエイター教育事業
URL : http://c-m.co.jp/

クリエイターズマッチは、国内で最大級のバナー・LP 制作を行い、広告代理店、制作プロダクションなど1600 以上の事業者(個人事業主含む)が導入する、制作管理ツール「AdFlow(アドフロー)」を提供、クリエイター育成事業も行っている。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング