【ゴキブリに関する意識調査】 主婦・ひとり暮らし男女の9割以上が“もらいゴキ”している!? ~実際に対策をしているのは2割以下~

PR TIMES / 2012年4月16日 12時11分



*******************************************************************

【ゴキブリに関する意識調査】
主婦・ひとり暮らし男女の9割以上が“もらいゴキ(※)”している!?
~実際に対策をしているのは2割以下~

“もらいゴキ”が気になるあなたのために
殺虫剤ブランド『バルサン』からゴキブリと遭遇する危険度がチェックできる
「バルサンTown」(http://town.varsan.jp/)を2012年4月5日よりオープン

*******************************************************************

『バルサン』もらいゴキ対策プロジェクト(ライオン株式会社)は、ゴキブリが活発に活動を始める季節に合わせ、“もらいゴキ”の実態を明らかにするため、首都圏の20~40代の主婦および、ひとり暮らしの男女計400人に対して「ゴキブリに関する意識調査」を実施しました。

※もらいゴキ:隣家や飲食店など、屋外で発生したゴキブリが自宅に侵入してくること

<調査概要>
調査期間:2012年3月16日(金)~19日(月)
調査方法:Web調査
調査対象:首都圏(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県)の20~40代主婦200人および、ひとり暮らし男女200人、計400人



1.調査結果

■主婦・ひとり暮らし男女の9割以上が“もらいゴキ”の可能性を自覚!

「あなたの家の中に、ゴキブリが侵入してくるであろう経路として思い浮かぶもの」をたずねたところ、1位「玄関(42.5%)」、2位「台所の排水口(42.3%)」、3位「窓(34.5%)」、以下「ベランダ(34.3%)」「換気扇(29.5%)」などがあげられ、ゴキブリがさまざまな経路から屋内に侵入すると思われていることが明らかになりました。

また、「自宅にゴキブリが侵入することはない」と答えた人は7.5%にとどまり、92.5%は、家庭外からゴキブリが侵入してくるであろう経路について、最低1つ以上回答しており、何かしらの経路を伝って家庭にゴキブリが侵入する“もらいゴキ”の可能性があると考えているようです。


■自分では自覚がなくても、近所からは“もらいゴキ”の原因と思われている!?
  
次に、ゴキブリの発生場所についてたずねたところ、「ゴミの収集場所(61.5%)」のほか「近隣の家(52.3%)」、「近隣の飲食店(32.5%)」をあげていることから、半数以上の人は、「自宅で見つけるゴキブリは、近隣の家などからやってくる“もらいゴキ”の可能性がある」と考えていることがわかりました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング