ダイレクト・コンサルティング株式会社様 PC・モバイル2つのクラウド型保険営業支援サービスを アジャイル開発で短期開発

PR TIMES / 2013年9月3日 13時44分

~Magic xpaの特性を活かし、ユーザーのアイディアとイメージを反映~

 マジックソフトウェア・ジャパン株式会社(代表取締役社長:佐藤敏雄 本社:東京都渋谷区 以下:マジックソフトウェア)は、ダイレクト・コンサルティング株式会社(代表取締役:根本 幹哉 本社:東京都台東区 以下:ダイレクト・コンサルティング)様が、”Magic xpa Application Platform”で(以下 Magic xpa)でWindows PC版とiOS/Android版モバイルアプリケーションを開発したことを発表します。

 このアプリケーションは、エフピーステージ株式会社(代表取締役:五島 聡)様が提供する、保険営業のためのクラウド型 顧客コミュニケーションツール「カスタマー・ビジョン・サポート (CVS)」としてサービス提供されています。




【開発の背景】
保険営業担当者を対象としたコンサルティングや研修を行っているエフピーステージの五島様から、保険営業担当者の武器となりえる『使える営業ツール』の開発依頼を受けたダイレクト・コンサルティング様は、五島様のアイディアを形にするにあたりMagic xpaを活用したアジャイル開発手法を採用しました。

【アイディアやイメージを形にする柔軟なアジャイル開発】
開発はPC版RIAアプリケーションから着手しました。五島氏のアイディアや全体イメージをヒヤリングし、プロトタイプ開発、動作の確認、検証、フィードバックを受けて修正、というプロセスを繰り返し、2012年10月~12月の3ヶ月程で開発しました。同様に、モバイル版RIAアプリケーションは2013年1月後半~3月の約2ヶ月で開発を行いました。
高生産性と変更容易性というMagic xpaの特性を活かし、逐次ご要望を取り入れながら、『柔軟な開発』を進めていく開発スタイルだったため、ユーザーとの認識のズレがなく、ユーザビリティ向上にもつながりました。


モバイル版RIAアプリケーションにはタブレット端末ならではの地図情報と連携した「付近検索機能」が追加されています。GPS機能を利用し現在の所在地から指定距離内の顧客を簡単に検索・表示することが可能です。

ダイレクト・コンサルティング株式会社 マネージャー 那倉 慎一様のコメント
「この開発には、マジックソフトウェア・ジャパンが提供している iOSとAndroidに対応したアプリケーションテンプレートを 活用しました。 地図連携のサンプルプログラムが用意されていたので 非常に短期間で実装することができました。」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング