高ストレス者を生み出しやすい組織傾向を分析

PR TIMES / 2013年4月9日 10時49分

メンタルヘルス対策プログラム「アドバンテッジEAP」の2012 年利用実績を発表

株式会社アドバンテッジ リスク マネジメントが、東京海上日動メディカルサービス株式会社と共同で提供しているメンタルヘルス対策プログラム「アドバンテッジEAP」の2012 年の利用実績データを集計し、分析結果をまとめました。

【アドバンテッジEAP 利用実績 分析結果のポイント】
1) 高ストレス者の割合は男性より女性の方が高く、年代別では20代、30 代が最も多い
2) 回答者の10 人に1 人は「仕事の負担」に課題あり
3) ストレス要因となるのは「ハラスメント」、「課題あり、なし」でストレスの差が大きいのは「職場の一体感」
4) 相談(カウンセリング)利用は、男性より女性が多く、年代別では40 代が最多
5) 高ストレス者への能動的なフォローで相談利用率が約4 倍




株式会社アドバンテッジ リスク マネジメント(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:鳥越慎ニ)が、東京海上
日動メディカルサービス株式会社と共同で提供しているメンタルヘルス対策プログラム「アドバンテッジEAP」の
2012 年の利用実績データを集計し、分析結果をまとめました。

【アドバンテッジEAP 利用実績 分析結果のポイント】
1) 高ストレス者の割合は男性より女性の方が高く、年代別では20代、30 代が最も多い
高いストレスを抱えている従業員(ストレスレベル「要注意」)の割合は、全体では10.2%であり、男女別では
男性(10.0%)、女性(11.2%)となり女性の方が高い結果となりました。年代別に見ると、 20 代、30 代が12.1%
で同率となり、40 代(11.2%)が続きました。また、業種別ではIT・通信が16.0%と最も高い結果となりました。
2) 回答者の10 人に1 人は「仕事の負担」に課題あり
ストレスチェックの各設問を9 つの指標にまとめ、それぞれ回答ごとに、「課題がある」と答えた方の割合を
集計したところ、「仕事への負担」が最も高く(10.7%)、次いで「仕事への不満」(8.9%)、「上司のマネジメン
ト」「職場の一体感」(7.9%)となりました。
3) ストレス要因となるのは「ハラスメント」、「課題あり、なし」でストレスの差が大きいのは「職場の一体感」
各設問ごとに、「課題がある」と回答した方のうち、高ストレス者の割合を集計したところ、「セクハラの認
識」(48.0%)「ハラスメント容認の風土」(39.4%)「パワハラの認識」(38.3%)となりました。また「課題あり」と「課
題なし」の高ストレス者割合の差は「職場の一体感」が最も大きく、13.2 倍の差がありました。
4) 相談(カウンセリング)利用は、男性より女性が多く、年代別では40 代が最多
相談を利用する割合は、男性(7.2%)よりも女性(12.2%)の方が高く、年代別では40 代(9.8%)で最も高く、30
代(8.9%)がそれに次いでいます。
5) 高ストレス者への能動的なフォローで相談利用率が約4 倍
高ストレスまたはサポートが必要と考えられる方(「フォロー対象者」と定義)については、相談利用率が
32.6%と全体(8.1%)に比べて約4 倍となり、能動的な相談利用の促進が有効であることが示されました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング