フリースケール、シングルチップのモータ制御ソリューションにより S12 MagniVミックスド・シグナル・マイクロコントローラ・ポートフォリオを拡充

PR TIMES / 2012年3月15日 15時35分

フリースケール・セミコンダクタ・ジャパン株式会社(本社:東京都目黒区下目黒1-8-1、代表取締役社長:ディビッド M. ユーゼ)は、16ビットのS12 MagniV(エス12・マグニヴィ)ミックスド・シグナル・マイクロコントローラとして新たに「S12ZVM」ファミリを発表しました。S12ZVMは、現在の市場で最も高集積の車載用ブラシレス直流(BLDC)モータ制御ソリューションで、直流(DC)モータからBLCDモータへの速やかな移行を可能にします。シングルチップのS12ZVMモータ制御ソリューションを利用すれば、モジュールのサイズを縮小し、ノイズを低減して、電力効率を改善することができます。

フリースケールのS12ZVMファミリは、システムの4つの要素であるマイクロコントローラ、MOSFETゲート・ドライブ・ユニット、電圧レギュレータ、およびローカル・インタコネクト・ネットワーク(LIN)物理レイヤがシングルチップに統合されています。通常、これらの4つの機能を実現するためには2~4個のチップが必要です。このS12ZVMファミリでは、同様の機能のディスクリート・ソリューションに比べてプリント基板のフットプリントが最大で50%まで縮小されます。

自動車メーカー各社は、最終的に燃費の向上につながる車重の軽量化や電力消費の削減の可能性を常に模索しています。電子装置のサプライヤや電気モータのメーカーも共通の考えですが、カスタム・ソリューションの開発では最適性や拡張性に乏しいソリューションの存在がしばしば問題となっています。S12ZVMファミリは、多様なメモリ・サイズとパッケージのオプションを揃えたCANおよびLINの通信プロトコルをサポートする幅広い製品バージョンの提供をしております。したがって、お客様はHVAC(暖房、換気および空調)、ワイパー、燃料ポンプ、および送水ポンプといったアプリケーションで、ハードウェアとソフトウェアのデザインを再利用することができるプラットフォーム・ソリューションを開発することができます。

フリースケールのオートモーティブ・マイクロコントローラ製品担当副社長であるレイ・コーニンは、次のように述べています。「現在のシングルチップのBLDCモータ制御ソリューションは、いずれも実際の動作環境での制御に即したメモリのバリエーションや性能拡張性を備えていません。機能強化したS12ZコアをS12 MagniVポートフォリオに加えたことで、高効率で極めてコンパクトなフリースケールのモータ制御ソリューションはこれまで以上に利用効果が優れたものとなります。」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング