【シリア危機・間もなく2年】数十万の子どもたちの教育をも脅かす紛争

PR TIMES / 2013年3月7日 15時22分

シリア危機から、もうすぐ2年。暴力はさらに激化し、何十万人もの子どもたちの教育を受ける権利が脅かされていることが明らかになりました。



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
       ユニセフ(国連児童基金) プレスリリース/Media Advisory

        配信元: (公財)日本ユニセフ協会 www.unicef.or.jp
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
報道各位                             2013年3月7日

シリア危機、紛争3年目へ 
数十万人の子どもたちの教育も奪う紛争
日本ユニセフ協会 www.unicef.or.jp
____________________________________________________________________________

3月15日で丸2年を迎えるシリア内戦。周辺国へ逃れた国民は100万人に達しました。
シリア国内外で、人道支援の必要性はさらに高まっているものの、
必要な資金が集まらず、計画に沿った支援を行うことが厳しい状況です。

このたび、ユニセフが実施した調査(2012年12月実施)により、シリア国内で
紛争の影響を受けている地域の学校では、出席率が急速に減少していることが明らかになりました。

戦闘行為はさらに激化し、何十万人もの子どもたちの教育を受ける権利が脅かされています。
シリア国内の5分の1の学校が攻撃を受けて損傷、あるいは避難所として使用されているため、
学校の再開もままならない状況が続いています。
最も激しい紛争地域では、この2年間、ほとんど学校に通っていない子どももいます。

「シリアの教育システムは、この紛争の影響で崩壊しています」
「かつてシリアは、男女を問わず、高い就学率を誇っていました。
しかし今は、急速に低下しています」と語る、ユニセフ・シリア事務所のアブデル・ジェリル代表。
(参考: 純就学率 男子:97%、女子92% ユニセフ『世界子供白書2009』)

調査では多くの親が安全を懸念し、子どもを学校に通わせることをためらっていることが判明しました。

主な報告は以下の通りです。
・ 少なくとも2,400校が倒壊、あるいは深刻な被害を受けた
・ うち772校(全体の50パーセント)がイドリブ、300校がアレッポ、300校がダラアの学校
・ 1,500校以上が避難所として使用
・ 110人以上の教員とスタッフが命を落とし、多くの人々が職を失った
・ イドリブでは、教員の出勤率は55パーセントにも満たない状況
・ アレッポでは、子どもの出席率が6パーセントまで低下
・ 紛争地域では、武力勢力や武装グループに占領されている学校も

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング