ザイリンクス、Vivado Design Suite の WebPACK エディションが利用可能に

PR TIMES / 2012年12月21日 12時20分

Vivado Design Suite 2012.4 のリリースにともない、業界初のAll Programmable 向け無料 SoC 強化ツールがダウンロード可能に

ザイリンクス社 (本社 : 米国カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ : XLNX) は12 月 19 日 (米国時間)、同社の Vivado(TM) Design Suite の WebPACKエディションが利用できるようになったと発表した。これによりデザイナは、業界初となる All Programmable SoCのデザイン環境のデバイス限定バージョンを無料で利用できるようになる。Vivado Design Suite の 2012.4 リリースとともに提供される WebPACK エディションでは、Vivado Design Suite デザイン エディションとまったく同じ IP とシステム中心デザイン フローを利用でき、他社製品と比べてインテグレーションとインプリメンテーションを最高で 4 倍まで高速化することができる。


ザイリンクスのデザイン メソドロジ担当シニア マーケティング ディレクターであるトム フェイスト (Tom Feist) は、「私たちが長年にわたり提供してきたザイリンクス ツールの WebPACK エディションは、デザイン チームや大学の間で非常な人気を博しており、四半期ごとのダウンロード件数が 2 万件を超えています。Vivado Design Suite の 2012.4 リリースによって、生産性を高めた Vivado Design Suite は世界中の顧客や教育機関にご利用いただけるようになります」と述べている。


■供給体制
Vivado Design Suite WebPACK エディションは Artix(TM)-7 の 100T および200Tと、Kintex(TM)-7 の 70T および 160T デバイスをサポートし、無料でダウンロードできる。ISE(R) Design Suite のロジック エディションおよびエンベデッド エディションの保証期限内の顧客は、Vivado Design Suite デザイン エディションを追加料金なしで利用できる。また、ISE Design Suite のDSP エディションおよびシステム エディションの顧客は、Vivado Design Suite システム エディションを Vivado High-Level Synthesis を含め追加料金なしに利用できる。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング