AWS WAF のSOC サービスを提供開始。

PR TIMES / 2020年3月4日 12時45分

より多くのお客様が利用しやすいWAF サービスへ

企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)化を共創、支援する株式会社ピーエスシー(以下PSC、 本社:東京都港区、代表取締役社長:鈴木正之) は、Microsoft Azure やAWS(アマゾン ウェブ サービス)環境下でのSOC(セキュリティ オペレーション センター)の提供してきた多くの実績を活かし、この度 AWS WAF に対するWeb サイトセキュリティ運用サービスを正式にリリースした事をお知らせ致します。



<概要>
AWS 環境下のWeb サイトに対して、WAF(Web Application Firewall)を中心に1.改ざん検知・復旧サービス2.不正侵入検知サービスのオプションを設定し、Web サイト セキュリティポートフォリオを提供。(それぞれ個別の契約も可能)

■PSC SOC サービス
https://www.psc-securities.com/service/management/

<内容>
各企業においてクラウドを利用するケースが年々増加傾向にある中、その反面クラウド化に伴うセキュリティリスクの存在および対策の必要性から、PSC ではハイブリッドクラウドセンターとセキュリティオペレーションセンター(SOC)とを同施設内で展開。クラウドとセキュリティを合わせて運用する事で、セキュアな環境でクラウドの利用を提供して来ました。また、サービス面では通常のハードウェアアプライアンスを利用したWAF のSOC サービスだけでなく、クラウド型のWAF 運用サービスを以前より継続的に提供。
さらに、SOC の体制としてWeb サイトセキュリティの専門アナリストチームを擁しており、24 時間365日のセキュリティサービスをエンタープライズ企業向けに多数提供しています。
これらの運用実績を活かし、今回のサービスではPSC の持つノウハウをサービスの中に組み込み、多くのお客様に提供させて頂きます。
[画像1: https://prtimes.jp/i/6812/27/resize/d6812-27-273916-0.jpg ]



<運用事例>
AWS をご利用のお客様がAWS WAF を導入するにあたって、デフォルトではシグネチャーが提供されずチューニング(運用)を前提とした仕様である事が一つの課題とされていました。そこでPSC は、株式会社サイバーセキュリティクラウドの「WafCharm」を利用することでセキュリティレベルの改善を図るなど、お客様企業に合わせて様々な提案・運用を可能にしました。


[画像2: https://prtimes.jp/i/6812/27/resize/d6812-27-373187-2.jpg ]


<サービス開始>
2020 年3 月1 日


これからも、より多くのお客様へより多くの情報ときめ細やかな安心を提供して参ります。引き続き、変わらぬご愛顧のほど宜しくお願い申し上げます。

詳細に関しましては下記サイトをご覧ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━
■ PSC Security 関するURL
https://www.psc-securities.com/
■ 本リリースに関するお問合わせ
株式会社ピーエスシー
営業担当:石塚 謙一
広報担当 : 飯田 櫻
電話番号 : 03-3435-1044
Email: press@psc-inc.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング