国際協力NGOチャイルド・ファンド・ジャパンがフィリピン台風24号への緊急・復興支援を実施

PR TIMES / 2015年10月23日 14時9分

1975年より40年間、フィリピンで支援活動を行っている認定NPO法人チャイルド・ファンド・ジャパンは、台風24号で被災した子どもたち、人々への緊急・復興支援を実施します。   http://www.childfund.or.jp/?p=7513



[画像: http://prtimes.jp/i/8076/27/resize/d8076-27-368639-1.jpg ]



10月18日、大型台風24号がフィリピンのルソン島北部に上陸しました。速度が遅く、長い間停滞したことにより、ルソン島北部の各地に洪水などの大きな被害をもたらしました。22日までに少なくとも死者54名の被害があったと報道されています。また、被災地域は現在収穫期にあたり、農作物への被害が懸念されています。

チャイルド・ファンド・ジャパンの支援地域では、15ヵ所ある活動拠点のうち、ルソン島の4ヵ所が台風の進路下にあり、大きな被害を受けました。特にオーロラ州の協力センター44では洪水で孤立した地域があり、その一部では約8割の家屋が流されてしまったことが報告されています。

チャイルド・ファンド・ジャパンは被災者への緊急・復興支援を実施します。米や乾麺、缶詰、子どもへのビスケットなどの食料を約360世帯に配布します。また、材木やトタン板を支給し、損壊した家屋の修復支援を行います。農地が洪水の被害にあった人々には野菜の種などを配布し、生計手段を立て直すための支援を行います。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング