未来を一元管理。Todoアプリ「Swingdo」、ECサイトからの配達予定やあとで読むニュースがまとまる機能を追加

PR TIMES / 2017年9月7日 12時23分

Swingdoと連携したメールから、ECショップで購入した配達予定や返信忘れメールが自動でタスクに追加されます。SafariやSwingnewsで見たニュースは後で読むタスクとして追加できます。

BHI株式会社(本社:東京都渋谷区)は、予定やタスクを一元管理できるiPhone向けTodoアプリ「Swingdo」を2017年9月7日にリニューアルしました。メール連携で返信忘れ、配達予定を自動的にピックアップ、あとで読むニュースなども簡単に追加できるようになりました。



■アプリURL
https://itunes.apple.com/jp/app/id1028833040

■サービスURL
https://swingmail.co/swingdo/jp/
[画像1: https://prtimes.jp/i/13212/27/resize/d13212-27-272195-0.jpg ]

■ サービスの特徴

[画像2: https://prtimes.jp/i/13212/27/resize/d13212-27-600704-3.jpg ]

1. 未来を一元管理。Todo、カレンダー、返信忘れメール、あとで読むニュース、配達予定、等
分散しがちな予定やTodoが一つのタイムラインに並ぶので、これからやるべきことがひと目で分かります。返信忘れや配達予定は自動的にリストに追加されます。

[画像3: https://prtimes.jp/i/13212/27/resize/d13212-27-796554-2.jpg ]

2. やるべき順番はアプリが自動でスケジューリング
タスクの所要時間や締切、やるべき場所などから優先度を解析し、すべて自動でスケジューリングします。開始時間が決まっている予定の間に、タスクが適宜差し込まれます。


[画像4: https://prtimes.jp/i/13212/27/resize/d13212-27-282306-1.jpg ]

3.外部サービスと連携
Googleカレンダー、Googleタスクと連動しています。iCloudのカレンダーやリマインダーも近日対応予定。

■ 「Swing!」のサービスとは?
「Less is more(少ないことはより豊かなこと)」をキーワードに、フィルタリング、優先順位付け、見逃しやうっかり忘れ防止等の精度を向上させ、情報過多な時代における新しい情報との向き合い方を提案するサービスです。
メール、Todo/カレンダー、ニュース、お買物、より生活に密着した分野にフォーカスし、Webやモバイルアプリで便利なツールを提供しています。統合web版は9/15日リリースを予定としています。
Swing!について:https://swingmail.co/jp/

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング