1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

大学大学院が集結したプロデューサー育成プロジェクト開始・活動開始記念シンポジウム開催

PR TIMES / 2021年7月21日 19時15分

映画、アニメ、マンガ、ゲーム等のコンテンツが我が国を牽引する期待の産業として注目を浴びて以来、これらのコンテンツの企画制作の原動力となるプロデューサーの育成が急務とされ、これまでも多くの施策が実施されてきました。しかし、主にコンテンツ関連企業に所属する社会人に向けたマニュアルやセミナーが充実に向かいつつある一方で、この20年の間に急速に拡大したデジタルを活用した関連産業に関心を持つ高等教育機関の学生・院生を対象とした施策は大きく滞っており、進展しているとは言い難い状況です。
こうした状況の中、プロデューサー育成に関心を持つ高等教育機関が結集し、「カリキュラムの作成」、「教科書の開発」、「インターンの実施」、「カリキュラムの効果検証」を通じて、【産業界との連携】を行い、高度職業人の育成することを目的に、「プロデューサー育成プロジェクト」が活動を開始しました。
また、プロジェクトの活動開始を記念し、活動の方向、成果の活用についての参加メンバーの議論を公開し、広く参加を呼び掛ける目的で、来たる8月3日にオンラインシンポジウムを開催いたします。関心のある方のご参加をお待ちしております。

2000年代初頭に、映画、アニメ、マンガ、ゲーム等のコンテンツが我が国を牽引する期待の産業として注目を浴びて以来、これらのコンテンツの企画制作の原動力となるプロデューサーの育成が急務とされ、これまでも多くの施策が実施されてきました。しかし、主にコンテンツ関連企業に所属する社会人に向けたマニュアルやセミナーが充実に向かいつつある一方で、この20年の間に急速に拡大したデジタルを活用した関連産業に関心を持つ高等教育機関の学生・院生を対象とした施策は大きく滞っており、進展しているとは言い難い状況です。

本プロジェクトは、こうした状況の中で、プロデューサー育成に関心を持つ高等教育機関が結集し、「カリキュラムの作成」、「教科書の開発」、「インターンの実施」、「カリキュラムの効果検証」を通じて、【産業界との連携】を行い、高度職業人の育成を行うものです。

テクノロジーの進化を背景にメディアやコンテンツは変化を加速しており、新たなメディア、新たなコミュニケーション方法を用いたコンテンツが次々に生まれる現在、学生・院生がプロデュースを学習するカリキュラムの確立が待望されています。本プロジェクトは、これに応え、デジタル技術を活用した産業のさらなる発展に貢献いたします。

本プロジェクトは、一般社団法人CiP協議会のプロジェクトとして、同協議会に事務局を置き、以下の参加メンバーを中心に活動を開始するものです。また、本年8月3日に活動開始記念シンポジウム開催を予定しており、こうした機会を通じて、参加メンバーの拡大、成果の活用、関連団体等との連携を呼び掛けてまいります。


【参加メンバー】
高橋光輝(委員長):デジタルハリウッド大学デジタルコミュニケーション学部 学部長
境真良: iU 准教授
杉浦一徳:慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科 教授
中村彰憲:立命館大学映像学部 教授

【特別顧問】
杉山知之:デジタルハリウッド大学 学長
中村伊知哉:iU 学長

【事務局】
一般社団法人CiP協議会


《《「プロデューサー育成プロジェクト」活動開始記念シンポジウム》》
プロジェクトの活動開始を記念し、活動の方向、成果の活用について参加メンバーが議論するシンポジウムを開催します。

【開催日時】
 2021年8月3日(火)19時30分~21時

【開催形式】
 オンライン(zoomのウェビナーを予定)

【登壇者(予定)】
 高橋光輝:デジタルハリウッド大学デジタルコミュニケーション学部 学部長
 境真良: iU 准教授
 杉浦一徳:慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科 教授
 中村彰憲:立命館大学映像学部 教授
 杉山知之:デジタルハリウッド大学 学長
 中村伊知哉:iU 学長

【詳細、参加方法】
  https://cipcipcip.org/event/2108_pps/


プロジェクトに参画いただける方を募集いたします。また、プロジェクトの成果の活用についてのお問い合わせも承ります。
問い合わせ先:一般社団法人CiP協議会(担当:亀山)
cip-info@takeshiba.org

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング