文教大学「東京あだちキャンパス建築計画」が平成31年度ZEB実証事業に採択

PR TIMES / 2019年11月6日 11時25分

文教大学は、2021年4月に東京あだちキャンパスを開設します。その建築計画である「文教大学東京あだちキャンパス建築計画ZEB化事業」が、一般社団法人環境共創イニシアチブの「平成31年度 ネット・ゼロ・エネルギー・ビル(ZEB)実証事業」に採択されました。



[表: https://prtimes.jp/data/corp/43752/table/27_1.jpg ]



 ZEBとは、Net Zero Energy Building(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)の略称で、快適な室内環境を実現しながら、建物で消費する年間の一次エネルギーの収支をゼロにすることを目指した建物のことです。
 
 平成31年度実証事業で交付決定された8件のうち、学校が3件(大学2件、各種学校1件)を占めましたが、新築での採択は文教大学のみです。
 文教大学では、民生用の省エネが今ひとつ進んでいないことに着目し、新キャンパスの建築にあたってZEB化事業に取り組みました。
 少子高齢化など大学を取り巻く外部環境は厳しくなる一方で、地域社会からの大学に対する要求は年々大きくなっています。ZEB化事業は、USR(大学の社会的責任)やSDGs(持続可能な開発目標)といった要求に応える取組みの一つでもあります。

 これからも文教大学は、社会に求められる大学を目指して、ZEB Ready(一次消費エネルギーを省エネ基準から50.5%削減)を達成し、先進的な環境配慮型キャンパスを実現します。
[画像: https://prtimes.jp/i/43752/27/resize/d43752-27-984466-0.jpg ]

東京あだちキャンパス完成イメージ

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング