1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

書籍の中身も検索可能に ノンフィクションのサブスク型サービス「SlowNews」が検索機能をアップデート

PR TIMES / 2021年9月29日 12時15分

本の中に埋もれた良質な情報に、より一層アクセスしやすく



スマートニュース株式会社(東京都渋谷区、CEO:鈴木健)の子会社スローニュース株式会社(東京都渋谷区、代表取締役:瀬尾傑)は、ノンフィクションのサブスク型サービスSlowNews( https://slownews.com )の検索機能をアップデートし、書籍や記事の本文も検索して表示できるようにしました。

例えば「ワクチン」で検索すると、 中村祐輔シカゴ大学医学部教授が新型コロナワクチンを解説する連載や、なぜワクチン接種率95%の観光地で感染が再爆発したのかを追うThe New York Timesのルポ、拡散するデマに騙されないためにはどうしたらいいかを岩田健太郎神戸大学教授が解説する新書や、コロナ以外のワクチンについての過去の事例についての書籍などが表示されます。
[画像: https://prtimes.jp/i/73405/27/resize/d73405-27-3810b93a524e706997ba-0.png ]


https://slownews.com/search?q=%E3%83%AF%E3%82%AF%E3%83%81%E3%83%B3

◆背景:埋もれている良質な情報を見つけやすく、かつ新たな発見も

SlowNewsに掲載している書籍や記事は、丁寧な取材や調査をもとに作られた信頼できる良質な情報ばかりです。ただ、これらの情報はこれまで本の中だけで読まれて、ネット上で探し出すことが難しい状態でした。

SlowNewsでは、本文も検索対象とすることで、質の高い情報にいち早くたどり着けるようにするとともに、新たな知識・ヒントとの出会いをご提供します。

◆今後の展開

検索機能は今後もバージョンアップしていきます。検索結果の精度を上げていくとともに、作品を指定した上での本文検索も検討しています。

ユーザーの皆様が、良質な情報により簡単にアクセスできるよう、今後もコンテンツと機能の両面で改善を進めてまいります。

◆SlowNewsについて

SlowNewsは、ノンフィクションの傑作や話題の本、国内外の長編記事など厳選したコンテンツを配信する定額読み放題サービスとして、2021年2月にスタートしました。利用料は月額1,650円(税込)の定額制です。
書籍は、岩波書店、KADOKAWA、講談社、光文社、新潮社、東洋経済新報社、文藝春秋の7社の協力の下、300冊以上のノンフィクション作品を掲出します。
また、The New York TimesやProPublica、The Guardianなど海外メディアの調査報道の翻訳記事や、調査報道に取り組むジャーナリストへ取材費用の支援などを行う「調査報道支援プログラム」の参加者が提供する記事をオリジナルコンテンツとして独占配信します。
高橋ユキ氏、濱野ちひろ氏、吉田千亜氏、森功氏ら、各ノンフィクション賞受賞者や注目のジャーナリストが長期間の取材に取り組んだ作品を配信しています。
本サービスの収益の一部は「調査報道支援プログラム」に使用し、ジャーナリズムの最も重要な役割を担う調査報道が継続的に生み出される環境づくりに取り組みます。

◆スローニュース株式会社について https://about.slownews.com/

スローニュース株式会社は2019年2月、スマートニュース株式会社の子会社として設立。ジャーナリズムの最も重要な役割を担う「調査報道」を次の時代にどのように残すのか、この難題に取り組むべく始動した。調査報道を継続的に生み出すエコシステムの創出を目指し、定額課金サービスSlowNewsを2021年2月にスタートした。
サブスクリプションサービスへのリンクはこちら: https://slownews.com/register
商号: スローニュース株式会社(英名:SlowNews, Inc.)
所在地: 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6-25-16 いちご神宮前ビル2F
設立日: 2019年2月1日
事業内容: ジャーナリスト、ジャーナリズムメディアの支援、育成
代表者名: 瀬尾傑

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング