30代から60代の男女300名を対象とした『リタイアしてからの人生に関するアンケート調査』について

PR TIMES / 2012年4月25日 17時49分



ソニー生命調べ/30~60代の男女300名にアンケート
リタイアしてからの人生を充実させる活動に約6割が「楽しみ」と回答
就活、婚活、その次は「リタ活」の時代が到来!
~各世代とも早期からの準備意識高まる~

4月から新年度を迎えたビジネスパーソンも多いのではないでしょうか。春は新しいスタートの季節。そして“これから”に思いを馳せる時期でもあります。私たちの社会が長寿社会となりつつあるいま、仕事をリタイアしてからの人生に皆さまはどんな意識を持っているのでしょう。今回、ソニー生命は「リタイアしてからの人生」をテーマにアンケート調査を行いました。

◆本調査結果の要約◆
■ POINT 1 
「リタイアしてからの人生を充実させる活動」が必要な理由は、将来への不安もあるが、
それ以上に前向きな理由によるものが多い。
■ POINT 2
「リタイアしてからの人生を充実させる活動」は、30~40代から準備するのが望ましいと考えられており、
リタイア後を意識し始める時期の早期化傾向が目立つ。
■ POINT 3 
リタイアしてから具体的にやりたいことは、趣味、旅行、田舎暮らし、ボランティア活動などが多く、
なかには個性的なものも見られる。
■ POINT 4
実際にリタイア後の人生を始めるのは6割が60代を想定しているが、
そのための準備については6割超が30~40代に始めるべきと考えている。
■ POINT 5
ソニー生命は「リタイアしてからの人生を充実させる活動」を「リタ活」と命名し、
新しいウェブサイトをスタートさせる。

- 調査概要 -
○ 表  題:リタイアしてからの人生について
○ 調査主体:ソニー生命保険株式会社
○ 調査方法:株式会社メディアインタラクティブが運営するアンケート専門サイト
       「アイリサーチ」を用いたWebアンケート
○ 調査期間:2012年 3月28日(水)~29日(木)
○ 調査対象:リタイアしてからの人生を充実させることが必要と考えている人
○ 回 答 者:300人
       男女比 :男性55.7%、女性44.3%
       年齢:30~39歳29.7%、40~49歳32.0%、50~59歳26.0%、60~69歳12.3%

◆調査結果の詳細◆
■ 「リタイアしてからの人生を充実させる」ことが必要な理由は、老後への不安と、前向きな気持ち。

「絆」という文字に象徴されるように、人と人のつながりの大切さが再認識されています。長寿社会となりつつあるいま、リタイアしてからも人生を充実させようという元気なシニアが増えてきました。かつては「還暦」といえば「引退」「隠居」というイメージがありましたが、現在の60歳は「3度目の20歳」として新しい人生をスタートさせるターニングポイントなのかもしれません。

PR TIMES

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング