フリースケール、ARM(R) Cortex-M0+プロセッサをベースとする業界初の マイクロコントローラ、Kinetis Lシリーズを発表

PR TIMES / 2012年3月22日 15時7分

フリースケール・セミコンダクタ・ジャパン株式会社(本社:東京都目黒区下目黒1-8-1、代表取締役社長:ディビッド M. ユーゼ)はARM(R)コア・ベースの組込みプロセッサのリーダーとしての役割をさらに強化するため、カリフォルニア州サンノゼで開催されるDESIGN WestにおいてARM(R) Cortex-M0+プロセッサをベースとする新しい「Kinetis(キネティス)L」シリーズ・マイクロコントローラを公開しました。Kinetis Lシリーズのアルファ版サンプルは、2012年第2四半期に供給を開始する予定です。

早い段階でのKinetis Lシリーズ・デバイスの公開が可能になったのは、フリースケールとARMが緊密に連携してCortex-M0+コアの開発作業を進めた成果です。フリースケールは、世界で最もエネルギー効率に優れたプロセッサの仕様策定や開発について、主導的な立場でARMに協力してきました。このプロセッサは、家電製品やポータブル医療システム、スマートメータ、照明器具、電力制御システム、モータ制御システムなど、エントリレベル・アプリケーションのエネルギー効率、低価格、および使い易さの厳格な要件を満たすように設計されています。

マイクロコントローラ開発において30年以上の実績があるフリースケールは、新しいプロセッサの定義と検証では特にI/O制御とデバッグ・サポートについて有益と思われるアイデアをARMに提供しました。その緊密な協業の結果として生まれたのがLシリーズです。このエントリレベルのマイクロコントローラ・ファミリは、傑出したエネルギー効率と使い易さに加え、32ビット・マイクロコントローラKinetisポートフォリオの性能、ペリフェラル・セット、導入のしやすさ、および拡張性を兼ね備えており、さらにARM Cortexアーキテクチャの本来の特長である低消費電力と高性能を活用することができます。

フリースケールの上席副社長兼オートモーティブ・インダストリアル&マルチマーケット・ソリューション・グループ担当ジェネラル・マネージャであるレザ・カゼロニアンは、次のように述べています。「フリースケールは、新しいコアの設計および開発のすべての工程でARMと緊密に連携し、最初のサプライヤとしてCortex-M0+をベースとするマイクロコントローラを完成、公開することができました。今後も、ARMアーキテクチャによる新しい製品を戦略的に市場に投入していきます。新しいKinetis Lシリーズ・マイクロコントローラは、高性能かつ小型でエネルギー効率に優れた次世代の組込みアプリケーションを開発するため設計オプションを飛躍的に拡充します。」

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング