デル、アセンテック、データコア・ソフトウェア、先進ソリューションにより低コスト、低リスクでストレージ移行を実現する「アセンテック-DELL ストレージ移行サービス」発表

PR TIMES / 2013年5月30日 13時44分

デル株式会社と、仮想デスクトップトータルソリューションベンダーであるアセンテック株式会社と、ストレージハイパーバイザー製品をグローバルで展開するデータコア・ソフトウェア株式会社は、低コスト、低リスクでストレージ移行を実現する「アセンテック-DELL ストレージ移行サービス」を、本日より提供開始します。

デル株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:郡 信一郎、以下、デル)と、仮想デスクトップトータルソリューションベンダーであるアセンテック株式会社(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:佐藤 直浩、以下アセンテック)と、ストレージハイパーバイザー製品をグローバルで展開するデータコア・ソフトウェア株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:ピーター・トンプソン、以下データコア)は、低コスト、低リスクでストレージ移行を実現する「アセンテック-DELL ストレージ移行サービス」を、本日より提供開始します。

ストレージにおけるデータの信頼性は経年劣化します。そして、このリスクを放置すると企業の事業継続性は困難になります。さらに、データ増加、パフォーマンス要求、耐用年数経過など、常に内外の脅威にさらされています。これらの課題に対する効果的防止策は、ライフサイクルに沿った、ストレージの移行です。しかし、データのストレージへの集積化は、データの可用性をもたらすと同時に、ストレージの移行を困難なものにしました。「アセンテック-DELL ストレージ移行サービス」は、データコアのテクノロジーと高い信頼性を誇るデルのストレージ製品Dell(TM) EqualLogic(TM) およびDell(TM) Compellent(TM)を利用し、アセンテックの技術力を組み合わせ、提供します。EqualLogicとCompellentは、適切なデータを適切なストレージに適切なコストで保管するデルが提唱するFluid Dataアーキテクチャに基づき、お客様が情報をより効率的に管理できるよう設計されています。急な変化に迅速に対応し、プライマリデータ、バックアップデータ、アーカイブデータの管理を自動化します。

「アセンテック-DELL ストレージ移行サービス」は、テラバイト以上のデータ移行を検討しているユーザすべてがターゲットとなり、ストレージの移行を容易に、低コストに、低リスクに実現します。このサービスにより、データの信頼性を回復し、事業継続性の安定化を実現します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング