鉄旅オブザイヤー2019 一般部門 募集開始!!

PR TIMES / 2019年8月30日 15時40分

募集締め切りは10/18(金)今年も鉄旅ファンの皆様による「夢の鉄道旅行」企画を募集いたします。

今年で9回目を迎える「鉄旅オブザイヤー」。鉄道旅行商品の頂点を決め、大宮鉄道博物館で表彰を行う本アワードで今年も一般部門のグランプリは誰の手に???



鉄旅オブザイヤー実行委員会は、「鉄旅オブザイヤー2019」10月18日(金)まで一般部門の募集をしています。
[画像: https://prtimes.jp/i/4502/28/resize/d4502-28-338494-0.jpg ]


「鉄旅オブザイヤー」は、2011年度の創設以来、国内の優れた鉄道旅行商品に対して表彰を行い、鉄道旅行ならではの魅力を発信し、お客様に“鉄道旅行そのもの”を楽しんで欲しいという願いをこめた今年度で9回目を迎えるアワードです。これまで業界関係者、各メディアの方々や一般の方々から多くの反響を頂いており、今後も更に鉄道旅行の楽しさを広める事を目的として、旅行会社部門のみならず、一般の鉄道旅行ファンによる「夢の鉄道旅行」企画の募集を行います。

※鉄旅オブザイヤー詳細  https://www.tetsutabi-award.net/index.html
※鉄旅オブザイヤーFacebookページ  https://www.facebook.com/tetsutabiaward/
※鉄旅オブザイヤーTwitterページ  https://twitter.com/tetsutabi_award

■旅行のプロのみならず、一般の方々も参加できる鉄旅オブザイヤー!
鉄道旅行が好きで、企画・旅程作り等にこだわる方や本アワードに興味をお持ちの方々に、積極的に参加していただけるよう一般の個人の方や同好会グループの方が応募できる企画を募集致します。
「こんな鉄道旅行があったらいいな」という旅行者のみなさまの夢の鉄道旅行を募集します。

■ 応募方法
鉄旅オブザイヤー公式サイト( https://www.tetsutabi-award.net/guideline-general.html )に、応募フォームを設置します。

・表彰対象作品:2020年度のデスティネーションキャンペーン開催地である、群馬県、広島県とその周辺地域(岩国・今治・松山・倉敷等)、京都市のいずれかを対象とした鉄道旅行ツアー企画。

■ 表彰・賞品
2020年2月5日(水)(於:鉄道博物館/大宮)の授賞式にて、「ベストアマチュア賞」(1作品)として表彰、賞金5万円とJR協賛による記念品(予定) を贈呈します。

■ 結果発表
審査結果は2020年2月上旬に、鉄旅オブザイヤー公式サイト( https://www.tetsutabi-award.net/)にて発表。受賞された方には実行委員会からご連絡をさせていただき、授賞式に出席いただきます。
  ※授賞式会場までの交通費、宿泊費等については各自にてご負担いただきます。

<鉄旅オブザイヤー2019概要> 
● 表彰対象
<一般部門>
2020年度デスティネーションキャンペーン開催地(群馬県、広島県とその周辺地域(岩国・今治・松山・倉敷等)、京都市のいずれかを対象とした鉄道旅行ツアー企画、アイデア。

● 表彰
<一般部門>
ベストアマチュア賞 1作品 (賞金5万円とJR協賛による記念品(予定))

● 審査
鉄旅オブザイヤー実行委員会
審査員(予定) ※敬称略・五十音順
委員長  芦原 伸   「旅と鉄道」名誉編集長、一般社団法人日本旅行作家協会専務理事
委員   井門 隆夫   (株)井門観光研究所、高崎経済大学地域政策学部観光政策学科教授
委員   五十嵐 匡一  月刊「旅の手帖」編集長
委員   榎本 聖之    バー銀座パノラマ渋谷店オーナー
委員   オオゼキタク  シンガーソングライター
委員    大塚 圭一郎  共同通信社編集局経済部次長、鉄道コラム「汐留鉄道倶楽部」執筆者
委員   栗原 景    フォトライター
委員   崎本 武志  江戸川大学社会学部現代社会学科教授
委員    杉山 淳一   フリーライター
委員    鉄旅ガールズ 鉄旅好き女子
委員   南田 裕介   鉄道好きマネージャー(株式会社ホリプロ)
委員   豊岡 真澄   元祖鉄道アイドル、ママ鉄代表
委員   矢野 直美   旅をしながら「撮って書く」フォトライター

● 発表・表彰式
審査結果発表及び表彰式は、2020年2月5日(水)に実施。( 於:鉄道博物館/大宮)
◎鉄道好き著名人・ダーリンハニー吉川正洋さん、久野知美さん、南田裕介さんも出演予定!

● 組織
■主催:鉄旅オブザイヤー実行委員会
■委員:鉄道旅客協会

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング