西日本最大級のショッピングセンター「阪急西宮ガーデンズ」開業以来最大規模の80店舗(新店48店、改装32店)リニューアル

PR TIMES / 2014年1月15日 17時6分

リニューアルオープン第一弾は3月7日(金)!関西初出店は10店舗 (一部店舗は先行オープン)

西日本最大級のショッピングセンター「阪急西宮ガーデンズ」では、開業以来最大規模となるリニューアルを実施し、全256店の約3割にあたる80店舗(新規出店48店、改装32店)をリニューアルオープンします。このうち、10店舗は関西初出店となります。(3月7日(金)より順次オープン、一部店舗は先行オープン)



リリースPDFはこちら → http://www.hankyu-hanshin.co.jp/news_release/pdf/20140115_2143.pdf

今回のリニューアルでは、当施設のコアターゲットである「ファッションや生活にトレンドを取り入れながら自分らしさにこだわるハイセンスな女性」に加え、性別・年代を問わずカップルやファミリーがゆったりとお買い物を楽しんでいただけるよう、レディス・メンズ・キッズと生活雑貨のセレクトショップ「スクオーバル」や、こだわりの生活雑貨が揃う輸入雑貨店「オクタホテル」など上質で感度の高い暮らしを提案する店舗のほか、アメリカンカジュアルブランド「アメリカンイーグル アウトフィッターズ/エアリー」など話題の店舗を取り揃えました。
これらにより、魅力的な商品やサービスはもちろん、様々なモノとの出会いや新たな発見・驚き、選ぶ楽しさもご提供します。また、施設内のベンチやソファーを一部新調するほか、皆様の憩いの場としてご利用いただいている屋上庭園「スカイガーデン」に、季節を感じていただけるようバラやアジサイといった花を新たにあしらうなど、より快適な空間づくりを行い、お客様をお迎えします。

阪急西宮ガーデンズは、開業以来、西宮北口のまちの賑わい創出に主導的役割を果たし、来館者数、売上高ともに4期連続で増加、2012年度には来館者数約1,940万人、売上高約736億円を達成しました。今回のリニューアル後の2014年度は、これを上回る来館者数約2,000万人、売上高約750億円を見込んでいます。


<リニューアル概要>
◆リニューアルコンセプト
(1)カップルでも楽しめる高感度なセレクトショップが充実
阪急西宮ガーデンズの、従来からのコアターゲットである「ファッションや生活にトレンドを取り入れながら自分らしさにこだわるハイセンスな女性」に向け、高感度なファッション店舗やこだわりの雑貨店舗を充実させました。加えて、店舗区画を大型化し、カップルやファミリーなど性別や年代を超えてゆったりとお買い物をお楽しみいただけるよう、メンズ商品や様々な生活雑貨も取り扱うライフスタイル提案型のセレクトショップも取り揃えています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング