“よい本です。ぜひ読んでください”―「ぐりとぐら」の著者・中川李枝子さん推薦『お山の幼稚園で育つ』

PR TIMES / 2018年3月15日 16時1分



学術出版の世界思想社(京都市左京区)は2018年に創業70周年を迎えます。平和な社会を築くために知識と教養を広めたいという創業の理念に立ち返り、“こどもの幸せ”を考える「こどものみらい叢書」を創刊しました。シリーズの2冊目として、山下太郎『お山の幼稚園で育つ』を刊行します。


[画像1: https://prtimes.jp/i/6170/28/resize/d6170-28-589218-5.jpg ]


山下太郎『お山の幼稚園で育つ』 2018年3月17日発売
歩いての登園、森の探検遊び、俳句の素読などユニークな実践をするお山の幼稚園。幼児教育はすべての教育の根っこと信じる園長が子どもたちの無限の可能性を綴る。
本体価格:1400円+税 ISBN:978-4-7907-1712-6

“長らく大学生を教えた著者は、幼児期の経験こそ学びの土台になると確信、専門のフィロソフィアを子どもから大人まで分かちあいたいと幼稚園の園長さんになった。すると子どもの幸せの根っこが次々に見えてきたではないか。フィロは愛、ソフィアは知、古今東西の賢人たちの名言と合わせて目の前の子ども一人一人がよくわかり、いっそういとおしくなる”
―「ぐりとぐら」の著者・中川李枝子さん推薦!

[画像2: https://prtimes.jp/i/6170/28/resize/d6170-28-261680-1.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/6170/28/resize/d6170-28-286428-2.jpg ]



[画像4: https://prtimes.jp/i/6170/28/resize/d6170-28-287896-4.jpg ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/6170/28/resize/d6170-28-792550-3.jpg ]

【目 次】
はじめに
◆I 幼児教育の姿勢
第1章 立つ――自立の一歩一歩
第2章 歩く――人生を自分の足で歩く
第3章 行う――力があると思うゆえに力が出る
第4章 生きる――私は人間である
◆II 子どもの五感
第5章 ふれる――血管はふれねばならない
第6章 見る――百聞は一見に如かず
第7章 食べる――空腹は最良の料理人
第8章 聞く――文字を使わない記憶法
◆III 子どもの好奇心
第9章 楽しむ――楽しむことを学べ
第10章 味わう――絵本の世界を旅する
第11章 ひたる――没入体験の原点は幼児期の遊び
第12章 繰り返す――反復は学習の母
第13章 探す――探究心を守る道
◆IV 子どもの創造力
第14章 まねる――学ぶとは真似ぶこと
第15章 表す――心と対話する
第16章 つくる――自由の精神を味わう
◆V 仲間と成長
第17章 耐える――が・ま・ん
第18章 泣く――泣く子は育つ
第19章 超える――けんかを超えて成長する
第20章 合わせる――和して同ぜず
◆VI 親子の関係
第21章 分かちあう――思い出の種まき
第22章 語らう――喜怒哀楽を共有する
第23章 思い出す――家族の物語をつくる
◆VII 親の姿勢
第24章 比べる――比較とは見失うこと
第25章 信じる――大器晩成
第26章 ゆだねる――人事を尽くして天命を待つ
第27章 離れる――わが子から社会の人へ
あとがき

山下太郎(やました たろう)
1961年京都市生まれ。京都大学大学院文学研究科博士課程修了。京都大学文学部助手、京都工芸繊維大学工芸学部助教授を経て、現在学校法人北白川学園理事長。北白川幼稚園園長。私塾「山の学校」代表。著者に『ローマ人の名言88』(牧野出版)、『ラテン語を読む』(ベレ出版)、訳書に『キケロー選集〈11〉』(岩波書店)、『ローマ喜劇集〈2〉』(京都大学学術出版会)など。

●好評既刊
佐川光晴『おいしい育児――家でも輝け、おとうさん!』
おとうさんが家事と育児をするのがあたりまえになれば、社会はずっと良くなる。主夫として二人の息子を育ててきた小説家が、家族みんなが幸せになる生活を提案する。料理家・文筆家の高山なおみさん推薦!
本体価格:1300円+税 ISBN:978-4-7907-1709-6

●本シリーズは、家族や福祉、心理、文化などを専門とする立場からのエッセイを展開していきます。
片岡佳美『子どもが教えてくれた社会』(仮) 2018年夏刊行予定
子どもの言い分に耳を傾ければ、私たちがどんな社会をつくっているのかが見えてくる。家族社会学者による大人世界の辛口観察記。

――以下、続々刊行
高石恭子(臨床心理学)『お母さんのこころに寄り添う』
山田容(社会福祉学)『こどものしあわせ、支えるしかけ』
松崎行代(児童文化学)『子どもの心を育む遊び』
中島京子(作家)『私を育ててくれた本たち』
永田紅(歌人)『子どもが言葉にであうとき』
*判型:四六判・並製 ページ数:128~160頁程度 本体価格:1300~1400円
*書名は変更する可能性があります

【商品概要】
書 名:『お山の幼稚園で育つ』
著 者:山下太郎
仕 様:四六判/152頁
価 格:本体1,400円(税別)
ISBN:978-4-7907-1712-6
刊 行:2018年3月17日
(奥付発行日2018年4月10日)
発 行:世界思想社
Webページ: http://sekaishisosha.jp/book/b355315.html

【会社概要】
法人名:株式会社 世界思想社教学社
創 業:1948年
代表者:代表取締役社長 上原寿明
所在地:〒606-0031 京都市左京区岩倉南桑原町56
事業内容:学術専門書・教養書の出版および大学受験参考書・問題集を中心とする教育図書の出版

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング