BDP-105DJP,BDP-105JP,BDP-103DJPおよびBDP-103JPファームウェアアップデートのご案内

PR TIMES / 2015年6月12日 14時3分

ファームウェアアップデートにより音質が向上。ARIB外字に完全対応。

OPPO Digital Japan 株式会社(本社:東京都港区)は,BD プレーヤーBDP-105DJP/BDP-105JP/BDP-103DJP/BDP-103JPにつき,さらなる品質向上を目的としてファームウェアのアップデートを実施いたしました。今後とも,当社製品をご愛用賜りますようお願い申し上げます。



[画像: http://prtimes.jp/i/6935/28/resize/d6935-28-427351-0.jpg ]



BDP-105DJP/BDP-105JP/BDP-103DJP/BDP-103JP機能追加の概要
* 本項目は,BDP-105DJP/BDP-105JP/BDP-103DJP/BDP-103JP共通です。
* 内容は2015年6月12日現在のものであり,変更される場合があります。

今回のファームウェアアップデートについての重要なご案内


本ファームウェアを適用する場合,過去にリリースされた正式版およびベータ版のファームウェアに書き戻すことができなくなります。本ファームウェアを適用しても,将来の正式版およびベータ版のファームウェア適用に支障はありません。通常の利用において,お客様が過去のファームウェアに戻す必要は一切ございませんので,OPPO Digital社製品をお使いの際は常に最新のファームウェアをお使い頂きますようお願い申し上げます。
メジャーバージョンのファームウェアアップデートを適用する場合,ファームウェアアップデート後に工場出荷時にリセットする必要があります。ファームウェアアップデート後にリセットしないでご利用になると,不安定な状態となり正常な動作になりません。諸設定についてファームウェアをインストールする前にメモ等に書き留めていただき,ボリューム値を含めた諸設定を行ってからメディアを再生してください。
本ファームウェアはJP仕様独自のファームウェアとなります。US仕様/EU仕様のBDプレーヤー製品には搭載されません。


機能追加の内容


A/V Split(映像/音声分離出力)設定について,従来のファームウェアでは音声出力側(HDMI2)に映像信号と音声信号が出力されていましたが,本ファームウェアから黒画面信号と音声信号が出力されます。
一部の録音機器で作成したメディアファイルの再生に対応しました。
DVD-R及びBD-Rに録画された番組などの日本語タイトル表示(ARIB外字)の文字化けを改善しました。
DTCP-IP対応機器を接続する際の互換性が向上しました。



以上

<会社概要>
社名:OPPO Digital Japan株式会社
〒107-0062 東京都港区南青山2丁目11番13号
代表番号:03-6206-4712
FAX番号:03-6779-5481
Webサイト: http://www.oppodigital.jp/
オンラインショッピングサイト: https://shop.oppodigital.jp/

<お問い合わせ先>
【電話でのお問い合わせ】
TEL:03-6206-4712
受付時間:平日:11:00から18:00まで

【メール・FAXでのお問い合わせ】
Mail:sales@oppodigital.jp
FAX:03-6779-5481
受付時間:年中無休・24時間受け付け

【問い合わせフォームでのお問い合わせ】
http://www.oppodigital.jp/contact/
受付時間:年中無休・24時間受け付け

※ プレス関係者様・販売店様はその旨ご連絡下さい。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング