全長約16m、解像度7Kの滝をAudi R8にプロジェクションマッピング。 Audi Forum Tokyo(表参道)にてチームラボの展覧会を実施、 12/19(木)~

PR TIMES / 2013年12月10日 12時16分

Audi Forum Tokyo(表参道)にて、『teamLab exhibit at Audi Forum Tokyo』を開催。チームラボは、アウディのスポーツカー“Audi R8” を岩に見立てて、滝の作品をプロジェクションマッピングします。



アウディジャパン株式会社のAudi Forum Tokyo(表参道)にて、『teamLab exhibit at Audi Forum Tokyo』を開催。チームラボは、“Vorsprung Durch Tecnik”(技術による先進)をブランドスローガンに掲げるアウディとコラボレーションをし、スポーツカー“Audi R8” を岩に見立て、滝の作品をプロジェクションマッピングをいたします。また、近世日本の画家の一人・伊藤若冲の升目画にインスパイアを受けたインタラクティなデジタルアート作品「世界は、統合されつつ、分割もされ、繰り返しつつ、いつも違う」も展示。期間は2013年12月19日(木)~2014年1月5日(日)まで。

なお、作品展示に際し、プリズム株式会社、株式会社カブキヤにご協力いただきました。


■出品作品

▼The Waterfall on Audi R8
チームラボ, 2013,デジタルインスタレーション, 16000mm
http://www.team-lab.net/all/pickup/waterfalaudi.html


コンピュータ上の仮想空間にAudi R8を3Dで立体的に再現し、コンピュータ上でAudi R8に水を落下させ、水の動きを物理計算し、滝をシミュレーションする。Audi R8を岩に見立てて、シミュレーションされた滝を、実際のAudi R8にプロジェクションマッピングした作品。


水は、無数の水の粒子の連続体で表現し、粒子間の相互作用を計算している。滝を物理的に正確な水の運動シミュレーションとして構築しているのだ。

そして、全体の水の粒子の中からランダムで選んだ0.1%の水の粒子の挙動によって、空間上に線を描く。その線の集合で滝を描いている。つまり、無数の線の裏側には、その1000倍もの水の粒子が存在し、それら全体の相互作用によって、線の曲線が決まっているのだ。

そして、3次元空間上に立体的に描かれた滝を、我々が考える日本の先人達の空間認識の論理構造によって映像作品にしている。

今回は、FHD(フルハイビジョン)の7倍の7Kの解像度によって、超微細まで描いた映像作品として、表現した。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング