2014年10月度 外食市場調査

PR TIMES / 2014年11月28日 10時17分

2014年10月の外食市場規模は 3,154億円(前年同月比+104億円・東名阪3圏域計) 外食単価2,335円(前年同月比+94円)は8カ月連続の前年実績越え

株式会社リクルートライフスタイル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:北村吉弘)に設置された「食」に関する調査・研究機関「ホットペッパーグルメリサーチセンター」(http://grc.hotpepper.jp/)では、東名阪の男女約9,000人を対象とする2014年10月度の「外食市場調査」を実施しましたので調査結果をご報告いたします。


【今月のポイント】

外食市場規模は東名阪3圏域合計で前年同月比(以下、前年比)+104億円の3,154億円と前年から約3%の増加。「外食単価」が8カ月連続で前年実績超え(前年比+94円)したことが主な要因だが、前年同月が台風など天候不順で市場規模の縮小も影響していると考えられる。特に今回市場規模を押し上げたのは首都圏(前年比+104億円)で、外食実施率・外食頻度・外食単価の3要素とも前年実績を上回り、特に外食単価では前年比+118円と大きな上げ幅となった。一方、関西圏は阪神タイガースのリーグ優勝などがあったものの、台風影響などもあってか、市場規模は前年比-5億円と前年並みの規模にとどまった。都市部の外食市場(夕食)に限り対前年比では市場規模に大きな減退は見られない。


【3圏域計(首都圏・関西圏・東海圏)】
● 2014年10月の外食(※1)実施率は 75.1% (前月比増減 +0.2pt、前年比増減 ±0.0pt)
● 2014年10月の外食頻度(※2)は 4.28回/月 (前月比増減 +0.08回、前年比増減 +0.04回)
● 2014年10月の外食単価は 2,335円 (前月比増減 -85円、前年比増減 +94円)
● 2014年10月の外食市場規模(※3)は 3,154億円 (前月比増減 -43億円、前年比増減 +104億円)


【圏域別】
● 外食実施率は、首都圏:75.2%(前年比増減 +0.2pt)、関西圏:75.2%(同 -0.5pt)、東海圏:74.6%(同 -0.1pt)
● 外食頻度は、首都圏:4.61回/月(前年比増減 +0.07回)、関西圏:3.96回/月(同 ±0.00回)、東海圏:3.65回/月(同 -0.02回)
● 外食単価は、首都圏:2,363円(前年比増減 +118円)、関西圏:2,369円(同 +48円)、東海圏:2,136円(同 +74円)
● 外食市場規模は、首都圏:1,948億円(前年比増減 +104億円)、関西圏:832億円(同 -5億円)、東海圏:373億円(同 +4億円)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング