【位置情報マーケティング事例】シナラのソリューションを活用した企業9社の最新事例を公開

PR TIMES / 2019年8月26日 10時40分

分かりづらい「位置情報」を活用したマーケティングを、9社の最新事例で分かりやすく解説

位置情報を活用したマーケティング・プラットフォーム事業を展開するシナラシステムズジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 兼 CEO:細谷 正人、以下「シナラ」)は、クライアント企業との、位置情報を活用したマーケティングの取り組みをまとめたページを公開しました。



[画像: https://prtimes.jp/i/16930/28/resize/d16930-28-738022-0.png ]

※導入事例ページキャプチャ


技術の進歩により、オンラインだけでなく、オフラインのデータも大量に取得できるようになりました。多くのマーケティング担当者がこれらのデータに注目しています。

しかし、取得したデータをどのように活用すれば、担当者としての課題が解決されるのか、イメージがつかない方もまだまだ多いのではないでしょうか。

データをどのように活用すればよいかイメージがつきづらいがために、目の前の課題が解決できそうであるにも関わらず、導入に二の足を踏んだり、社内の協力を得るのが難しい、そのようにお悩みの方も多いと思います。

そのような、データを活用したマーケティングの中でも「位置情報」を活用したマーケティングが、特に注目を浴びているマーケティング手法の一つです。

シナラでは、その「位置情報」を元にしたソリューションを400社以上の広告主にご提供してまいりました。

【シナラの提供ソリューション一覧】(2019年8月26日現在)


位置情報を元にした独自のセグメントへの広告配信サービス:RealPeople™(リアルピーポー)
WEB広告経由の来店の計測サービス:RealSight(R)
WEBサイト上の来店寄与度の計測サービス:VitalSight™
OOHや展示場等のオフラインマーケティング施策の来店寄与度の計測サービス:VenueVitalics™
事実と意識双方のデータによる厳密な効果測定サービス:Location Based Research


今回は、その中でも、9社の担当者にご協力いただき、成功事例として公開させていただきます。

位置情報マーケティングを使って、成果に繋がった事例をご紹介することで、同じような課題をお持ちの担当者の課題解決のヒントにしていただければと考えております。


【事例掲載ページ】

http://bit.ly/2NqlfLS


【掲載企業一覧】(2019年8月26日現在)

・日産自動車株式会社: http://bit.ly/2Nr1zaD
・株式会社小田急百貨店: http://bit.ly/2Za0fjC
・株式会社ヴァリック: http://bit.ly/2Za0mvy
・JPビルマネジメント株式会社: http://bit.ly/2Z969kV
・三井不動産商業マネジメント株式会社: http://bit.ly/2Zc0P0i
・三菱地所株式会社: http://bit.ly/2NuOdtV
・野村不動産株式会社: http://bit.ly/2Nxgm3o
・BMW Group Japan: http://bit.ly/2NBwyB5
・株式会社べネクシー: http://bit.ly/2NBwWQ3

(順不同)


今後も、シナラは、オンライン行動とオフライン行動、オフライン広告とオフライン行動をつなげて可視化を行い、広告主の課題解決のためさまざまな取り組みを進めていきます。

◆シナラ について

膨大且つ高精度な位置情報および性年代情報を活用したターゲティング配信と詳細なレポーティング機能によって、生活者へのより効果的なアプローチを可能にする広告主向けマーケティング・プラットフォームです。

◆シナラシステムズジャパン株式会社について

従来のウェブデータに対して、「REAL LIFE. REAL DATA」という理念の下、膨大且つ高精度な位置情報を通じて、生活者のリアル行動データに基づく分析や広告配信を実現するマーケティング・プラットフォームを提供するシナラシステムズの日本法人です。

<シナラシステムズジャパンの会社概要>

会社名:シナラシステムズジャパン株式会社
本社所在地:東京都港区芝公園1-6-8泉芝公園ビル7階
代表者: 代表取締役 細谷 正人
事業内容: インターネット広告事業
URL: https://cinarra.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング