10月はロジスティクス強調月間です!ロジスティクス革新を推進しましょう!

PR TIMES / 2020年10月2日 18時15分

持続可能な社会の実現に向けて ~今、ロジスティクスが為すべきこと~

JILSでは毎年10月を「ロジスティクス強調月間」と定め、ロジスティクスの意義の普及・促進と地域活性化を目的に、全国的な規模でキャンペーン活動を展開しております。

~ロジスティクス強調月間2020 統一テーマ~
《持続可能な社会の実現に向けて ~今、ロジスティクスが為すべきこと~》

≪ロジスティクス強調月間2020≫の実施概要およびサポーターは、下記URLをご参照ください。
※サポーター:ロジスティクス強調月間2020の活動についてご支援いただく企業

【ロジスティクス強調月間2020 実施概要】
http://www.logistics.or.jp/propulsion/enhancement/gaiyou.html

【ロジスティクス強調月間2020 サポーター一覧】
http://www.logistics.or.jp/propulsion/enhancement/supporter.html

上記WEBページをご参照のうえ、ロジスティクス推進に向けて社内外における活動へのご支援・ご協力をお願いいたします。

-----------------------------------------------------------------------------------------
【まもなく開催!!】「ロジスティクス全国大会2020(オンライン講演)」のご案内
-----------------------------------------------------------------------------------------
会 期:
2020年10月6日(火)・9日(金)・13日(火)・16日(金)・20日(火)・23日(金)・27日(火)・
29日(木)(※計8日間での開催)

内 容:
今年度の全国大会では、「特別講演」として、株式会社セブン&アイ・ホールディングス グループ商品戦略本部 常務執行役員  石橋 誠一郎 氏を迎え、持続可能な物流システム構築のお取り組みについて、商品開発の観点からご講演をいただきます。

そのほか、本年1月にJILSより発表された「ロジスティクスコンセプト2030」について、2030年の産業と社会を築くために行うべき事柄を、7つの提言として解説いたします。また、全国各地における様々なサプライチェーンのプレーヤーから、昨今の新型コロナウイルス感染症の影響に対応した事例をご講演いただきます。
さらには、今年度のテーマでもある「持続可能な社会を実現するためのロジスティクスのあり方」を議論する場として、「SDGsとロジスティクスセッション」を設けパネルディスカッションを行います。

全国大会の後半では、これからのロジスティクスを支える人材に向けた「ロジスティクス入門セッション」、また「ロジスティクスとDX(デジタルトランスフォーメーション)セッション」として、変わりゆく社会構造における今後のロジスティクスのトレンドについて講演を行います。
さらに、2020年度ロジスティクス大賞および特別賞を受賞した、以下3企業による受賞記念講演も行われます。

ロジスティクス大賞:Kyoto Robotics株式会社/株式会社PALTAC
SDGs環境賞:株式会社豊田自動織機
業務革新賞:加藤産業株式会社


現在、各講演お申し込みを受け付け中です。関係各位の積極的なご参加を、心からお待ち申しあげております。

プログラム内容の詳細・お申込は、下記URLをご参照ください。
http://www.logistics.or.jp/propulsion/enhancement/2020zenkoku.html

----------------------------------------------------------------------------------------------
●学生に「ロジスティクス・物流を学ぶ」機会を提供します ~特別料金の設定について~
----------------------------------------------------------------------------------------------
JILSでは、学生のための「ロジスティクス・物流研究プロジェクト」を推進しております。その一環として学生が「ロジスティクス・物流を学ぶ」ことへの支援として、ロジスティクス全国大会2020において、学生向けの特別価格(アカデミックディスカウント)を設け、学生に、ロジスティクス・物流の役割と機能、最新動向や課題等をご理解していただく機会を提供しております。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング