ウエスタンデジタル、データセンターワークロードの進化に対応した新しい2つのNVMe(TM) SSD製品シリーズ

PR TIMES / 2019年8月8日 14時0分



[画像: https://prtimes.jp/i/41736/28/resize/d41736-28-457837-0.jpg ]

社内の確かな垂直統合開発のアーキテクチャと96層3D TLC NANDをベースとした「Ultrastar(R) NVMe SSD」新製品は、パフォーマンスと電力効率における新たな基準と次世代のパーパスビルトインフラ基盤を構築

ニュースのハイライト:
• 動画、マシントゥマシン(M2M)からIoTや解析といった新たなデータセンターワークロードの推進において重要な役割を担う「Ultrastar NVMe SSD」新製品は、より効率的でパーパスビルトなストレージ階層の設計をサポート
• 今回発表した新しいSSD製品は、NVMeを活用し、新たに導入したフォームファクタで設計柔軟性を実現。ミックスドユースケース向けの「Ultrastar DC SN640」はU.2 (7mm)、M.2およびEDSFF E1.Lのフォームファクタで最大容量30.72TB。読み出し特化のリードインテンシブ向けの「Ultrastar DC SN340」はU.2(7mm)で最大容量7.68TB。
• ウエスタンデジタルの「Ultrastar DC SN640」シリーズは、ゼタバイト規模のデータセンターをサポートするZoned Storage( https://www.westerndigital.com/ja-jp/company/innovations/zoned-storage )イニシアチブに対応して、NVMeマルチネームスペース機能のサポートと管理を追加。

ウエスタンデジタルは本日、96層 3D NAND NVMe SSD ポートフォリオ( https://www.westerndigital.com/ja-jp/products/data-center-drives/ultrastar-nvme-series-ssd )に投入された新しい2つのシリーズ、「Ultrastar DC SN640」と「Ultrastar DC SN340」を発表しました。DC SN640はミックスユースワークロード向け、DC SN340はリードインテンシブ向けのパーパスビルトな製品となっています。これらの製品は、今日のデータセンターにおいて進化、および増大するワークロードデマンドに対応する一方、将来のゼタバイト規模のデータセンター時代の到来に向け強固で柔軟性のある基盤を構築します。ウエスタンデジタルの社内開発によるSSDコントローラ設計、ファームウェア開発、垂直統合技術を駆使したソリューションは、顧客のデータをエッジ、コア、クラウドといったさまざまなエンタープライズ環境において有効活用するイノベーションの開発における当社の強みとなります。

NVMeは企業や、企業によるデータの活用法、特にリアルタイム解析、M2M、IoT、さらにコンポーザブルインフラストラクチャ( https://blog.westerndigital.com/composability-future-data-infrastructure/?utm_medium=pr1&utm_source=pr&utm_campaign=96L%20FMS&utm_content=na&utm_term=na )のような新たな技術に大きな影響を与えています。データセンター顧客は、自社のデータストリームの特性やアプリケーションワークロードを理解しており、今日の汎用アーキテクチャでは十分ではなく、リソースやコストのオーバーヘッドにつながることを理解しています。ウエスタンデジタルは、ワークロードの進化に対応する新たなパーパスビルトなソリューションとして以下NVMe SSDイノベーションを導入します。

ミックスユースのワークロード向けUltrastar DC SN640 NVMe SSDシリーズ
「Ultrastar DC SN640」シリーズは、SQL Server(R)、MySQL(R)、仮想デスクトップ、その他、VMware vSAN(R)やMicrosoft Azure(R) Stack HCI ソリューションといったハイパーコンバージドインフラストラクチャを使用するビジネスクリティカルなワークロードなど、ミックスユースのワークロード向けに究極の性能を発揮できるよう、最適化されています。このシリーズは従来品に対し、シーケンシャル書き込みが2倍となリます。さまざまなシステム設計に対応させるため、3つのフォームファクタで、次のような幅広いキャパシティポイントを提供しています。
• 最大容量30.72TB、EDSFF E1.L , 最大720Kの超高速ランダム読取りIOPS。この新しいフォームファクタは、高いストレージ密度を要するデータセンター構築に向けた最適なペタバイト/ラックの設計に理想的です。
• U.2 (7mm)、最大 7.68TBというフォームファクタは、より密度が高く電力効率の良いブレードシステムのストレージサーバーや仮想環境、コンテナ化アプリケーションにおいて多く採用されています。
• 制御スペースおよびOCP対応ハードウェア向けのM.2 (22 x 110)フォームファクタ、最大3.84TB

「Ultrastar DC SN640」はクラウド、エンタープライズ、OEM、チャネルパートナーが合理化された製品認定やさまざまなOSやハードウェア認定の時間短縮を期待できる、実績のあるアーキテクチャをベースにしています。さらに、調整可能なエンデュランスを備えた柔軟性と複数のセキュリティオプションも提供します。競争力のある総所有コスト(TCO)を実現するこのドライブは、次世代アーキテクチャ設計のためのNVMeマルチネームスペースの管理機能を活用し ゼタバイト規模のデータセンターをサポートする基盤を構築します。現在、特定顧客向けに、認定製品サンプルを提供しています。

VMware、VMware HCI 製品担当バイスプレジデント、Lee Caswell(リー・キャスウェル)氏は次のように述べています。「ハイブリッドクラウドワークロード向けの魅力的なハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)ソリューションの提供に向け、ウエスタンデジタルのパートナーとなることを非常に嬉しく思っています。新しい「Ultrastar DC SN640 NVMe」フラッシュ製品、「VMware(R) Cloud Foundation」、「VMware vSAN」を活用したHCIソリューションにより、自社インフラの近代化を図ろうとする顧客に、魅力的な総所有コストや生産性向上を提供します。」

リードインテンシブなユースケース向けUltrastar DC SN340 NVMe SSDシリーズ
「Ultrastar DC SN340 Gen3 x4 PCIe SSD」は、フル稼働時に7W以下の低い発熱性になるように電力効率を最適化しています。このシリーズは、ウォームストレージや大量のブロックで書き込みを行うアプリケーションなど、リードインテンシブなワークロードに理想的です。 これらには、データが大きなシーケンシャルブロックで書き込まれ、Gen 3 x4の高帯域幅とNVMeの読み込みの低レイテンシから大きなメリットを享受する、コンテンツデリバリーネットワーク(CDN)やビデオキャッシングが含まれます。「Apache Cassandra(R)」や「MongoDB(R)」といった分散型NoSQLデータベースは、さらに、ドライブの持つラージブロック書き込み特性の利点を生かすことができます。「Ultrastar DC SN340」の最大容量は7.68TBです。今四半期中に、特定顧客向けに認定製品サンプルを提供予定です。

ウエスタンデジタルのエンタープライズデバイス向けプロダクトマーケティング担当バイスプレジデント、Eyal Bek(エヤル・ベック)は次のように述べています。「顧客はストレージパフォーマンス、効率性、密度、全体的な総所有コストの向上に向け、さまざまなパーパスビルトなNVMeストレージソリューションへの移行を急速に進めています。もはや、『汎用的』なストレージが通用しない世界になっています。ウエスタンデジタルの『Ultrastar NVMe SSD』製品は、データセンターにおける進化し続けるワークロードやトレンドに対する当社の深い見識に基づいており、実績があり、信頼のおける96層NANDノードに対応しています。当社の新しい「Ultrastar DC SN640」および「DC SN340 」が、パーパスビルトなワークロードや今日のデータボリュームデマンドサポートに向けて最適化されていることにはとても誇りを持っており、将来のゼタバイト規模のデータセンター時代の到来に向け、基盤を構築しています。」

ウエスタンデジタルのフルデータセンターポートフォリオには、NVMe SSD製品に加えて、NVMe™ ベースのオールフラッシュ/ハイブリッドアレイのIntelliFlash™ファミリー、ActiveScale™ クラウトスケールオブジェクトストレージシステム、OpenFlex NVMe-oFオープンコンポーザブルプラットフォーム、Ultrastarストレージサーバーおよびストレージプラットフォーム、Ultrastar Memory Extension Drive、およびUltrastarデータセンタークラスHDDとSSDが含まれています。

NVMe™ ベースのオールフラッシュ/ハイブリッドアレイのIntelliFlash™ファミリー: https://www.westerndigital.com/ja-jp/products/storage-systems
ActiveScale™ クラウトスケールオブジェクトストレージシステム: https://www.westerndigital.com/ja-jp/products/storage-systems/activescale-systems
OpenFlex NVMe-oFオープンコンポーザブルプラットフォーム: https://www.westerndigital.com/ja-jp/products/storage-platforms/openflex-composable-infrastructure
Ultrastarストレージサーバー: https://www.westerndigital.com/ja-jp/products/storage-platforms#flash-jbof
ストレージプラットフォーム、Ultrastar Memory Extension Drive: https://www.westerndigital.com/ja-jp/products/data-center-drives/ultrastar-dc-me200-memory-extension-drive
UltrastarデータセンタークラスHDD: https://www.westerndigital.com/ja-jp/products/data-center-drives?utm_medium=pr1&utm_source=pr&utm_campaign=aspen&utm_content=na&utm_term=na#hard-disk-hdd
SSD: https://www.westerndigital.com/ja-jp/products/data-center-drives?utm_medium=pr1&utm_source=pr&utm_campaign=aspen&utm_content=na&utm_term=na#solid-state-ssd

参考資料(英語):
5 Key Trends Driving the Next-Generation of NVMe™ SSDs: https://blog.westerndigital.com/5-trends-next-generation-nvme-ssds-data-center?utm_medium=pr1&utm_source=pr&utm_campaign=96L%20FMS&utm_content=na&utm_term=na
Reshaping the Cloud and Edge with NVMe Innovations: https://blog.westerndigital.com/reshaping-cloud-and-edge-nvme-innovations?utm_medium=pr1&utm_source=pr&utm_campaign=96L%20FMS&utm_content=na&utm_term=na
What is NVMe and Why is it Important? A Technical Guide: https://blog.westerndigital.com/nvme-important-data-driven-businesses?utm_medium=pr1&utm_source=pr&utm_campaign=96L%20FMS&utm_content=na&utm_term=na
Making Data Thrive with NVMe: https://blog.westerndigital.com/nvme-making-data-thrive?utm_medium=pr1&utm_source=pr&utm_campaign=96L%20FMS&utm_content=na&utm_term=na

■ウエスタンデジタルについて
ウエスタンデジタルは、データ社会が発展する環境を創造します。データインフラストラクチャーのリーダーとして、かつてなく多様化するデータの保存、保護、アクセス、変換に必要なイノベーションを推進していきます。先進的なデータセンターからモバイルセンサー、パーソナルデバイスまで、データが存在するあらゆる場所において、業界をリードするウエスタンデジタルのソリューションはデータの可能性を広げます。ウエスタンデジタルは、Western Digital(R)、G-Technology™、SanDisk(R)、およびWD(R)のブランドでデータ・セントリック・ソリューションを展開しています。

ストレージ密度において、1TBは1兆バイトを指します。使用できる全体容量は動作環境に よって変わります。製品仕様は、予告なしに変更される場合があります。地域により、提供されていない製品もあります。

(C)2019 Western Digital Corporation or its affiliates. All rights reserved. Western Digital, the Western Digital logo, G-Technology, SanDisk, WD, ActiveScale, IntelliFlash, OpenFlex, and Ultrastar are registered trademarks or trademarks of Western Digital Corporation or its affiliates in the US and/or other countries. Apache Cassandra is either a registered trademark or trademark of the Apache Software Foundation in the United States and/or other countries. MongoDB is a trademark of MongoDB, Inc. The NVMe and NVMe-oF word marks are trademarks of NVM Express, Inc. VMware and VMware vSAN are registered trademarks or trademarks of VMware, Inc. in the United States and/or other jurisdictions. All other marks are the property of their respective owners.

Forward-Looking Statements
This news release contains certain forward-looking statements, including statements regarding data storage trends and the capabilities, features and performance of the company’s data technologies, devices, platforms and systems. There are a number of risks and uncertainties that may cause these forward-looking statements to be inaccurate including, among others: volatility in global economic conditions; business conditions and growth in the storage ecosystem; impact of competitive products and pricing; market acceptance and cost of commodity materials and specialized product components; actions by competitors; unexpected advances in competing technologies; our development and introduction of products based on new technologies and expansion into new data storage markets; risks associated with acquisitions, mergers and joint ventures; difficulties or delays in manufacturing; and other risks and uncertainties listed in the company's filings with the Securities and Exchange Commission, including our most recently filed periodic report to which your attention is directed. The company undertakes no obligation to update the information in this release in the event facts or circumstances change after the date of this release.

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング