1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

ズーム機能搭載アップ/ダウン/クロス対応マルチコンバータ 2021年8月20日(金)より発売開始!

PR TIMES / 2021年7月21日 14時15分

[型番:X_MC_mini]

株式会社エーディテクノ(東京都新宿区 代表取締役:長山 誠人)は、 Digital Forecast社(以下、Digital Forecast)のズーム機能搭載アップ/ダウン/クロス対応マルチコンバータ [型番:X_MC_mini]を2021年8月20日(金)より発売開始いたします。

[X_MC_mini]: https://www.ad-techno.com/products/converter/X_MC_mini/



[画像1: https://prtimes.jp/i/49925/28/resize/d49925-28-da9ccdaf897d904010ce-0.jpg ]

<製品概要>
X_MC_miniは、現行発売中のアップ/ダウン/クロス対応マルチコンバータ [型番:X_MC]の簡易版製品となり、122.5 x 90 x 20.5mmのコンパクトサイズながら、SDI/HDMI/アナログビデオ(CVBS)各1系統の入力に、SDI 2系統、HDMI 1系統の出力端子を搭載。SDIやHDMI のデジタル信号、コンポジットといったアナログ信号を、任意のビデオ・フォーマットに変換し、2系統のSDIとHDMI 1系統より分配出力します。SDIフォーマットはSMPTE規格に準拠したSD/HD/3G-SDIのマルチレートに対応します。

出力フォーマットの設定等の本体設定は、接続したモニターにOSD(オン・スクリーン・ディスプレイ)メニューを表示し本体ジョグダイヤル経由で設定が可能です。また、ズーム機能を搭載し入力映像信号を最大35%までズームが可能で、表示したくない部分をトリミングするような使い方も可能となります。

その他、バランス音声L/R入力・出力ユーロブロック端子を搭載しオーディオエンベデッド・ディエンベデッド機能を提供します。

本体筐体には、金属素材を使用した放熱効率の良い設計により、映像編集現場やスタジアム、医療・行政機関などでの長時間の連続使用する映像制作・ライブ配信などシーンでご活用頂けます。


<製品の特長>
3G/HD/SD-SDI、HDMI、コンポジット入力信号のアップ/ダウン/クロス&フレームレート変換可能
デジタル信号のSDI、HDMIとアナログビデオ(CVBS)の計3種類の信号入力に対応し、さまざまなフォーマットを柔軟に変換することができます。SDIフォーマットはSMPTE規格に準拠したSD/HD/3G-SDIのマルチレートに対応し、最大で1080pの高画質の入出力が可能です。入力信号フォーマットを変換して出力するアップ/ダウン/クロスコンバート機能を搭載。X_MC_miniからの出力を、設置済み表示機器の対応入力フォーマットに合わせて出力することが可能です。また、SDI出力は2系統搭載しており、HDMI、SDIから同時出力できます。

[画像2: https://prtimes.jp/i/49925/28/resize/d49925-28-ab077bc031b701b2bc25-1.jpg ]

OSDメニューにて各種設定変更可能&ズームアップ機能(最大35%)
接続したモニターにOSD メニューを表示し本体のジョグダイヤルを操作して、映像入力信号/音声入力信号/出力フォーマット/アスペクト比/カラーモード/ズーム表示等の設定変更が可能です。実際の映像上に設定メニューが表示されるので、設定変更時の映像確認が容易に行えます。また、ズーム機能を搭載し入力映像信号を最大35%までズームが可能で、表示したくない部分をトリミングするような使い方も可能となります。

[画像3: https://prtimes.jp/i/49925/28/resize/d49925-28-596d677165b7a0222fd7-2.jpg ]


オーディオエンベデッド/ディエンベデッド機能
バランス音声L/R入出力端子を搭載。入力した音声をSDI、HDMI に重畳して出力するオーディオエンベデッド機能とSDI、HDMIに重畳された音声を音声出力端子から同時出力するディエンベデッド機能も搭載します。本設定は、OSD メニューより可能です。
[画像4: https://prtimes.jp/i/49925/28/resize/d49925-28-1fc9b98917d2cca8db5a-3.jpg ]

※入力信号を切り替えると、エンベデッド/ディエンベデッド機能は解除されます。

ブロックダイアグラム

[画像5: https://prtimes.jp/i/49925/28/resize/d49925-28-d8461d681b87b82a987e-4.jpg ]


製品仕様

[画像6: https://prtimes.jp/i/49925/28/resize/d49925-28-c3bea5c81bad389441e5-5.png ]

※ HDCP は非対応です。
※ バランス音声L/R入出力端子を利用する際、付属のユーロブロックアダプターを加工する必要があります。
※ HDMI、HDMI ロゴ、およびHigh-Definition Multimedia Interface は、HDMI Licensing LLC の商標または登録商標です。
※ Digital ForecastはDigital Forecast社の登録商標です。
※ 外観、および各仕様につきましては予告なく変更する場合がございます。予めご了承ください。
※ 全ての機器との動作を保証するものではありません。
※ 画像は全てイメージです。

[X_MC_mini]: https://www.ad-techno.com/products/converter/X_MC_mini/

<株式会社エーディテクノについて>
株式会社エーディテクノは、液晶ディスプレイ、映像信号変換器、映像伝送ケーブルなどの「表示」や「接続」に係わる画像信号処理装置の開発・製造を得意とした業務用映像機器メーカーです。1997年の創立以来、「利便性」「快適性」「品質」を追求し、国内のニーズに合わせた映像ソリューション製品を多数、世の中に提供し続けてきました。2015年には、お客様のニーズによりお応えできる製品展開を目的に製品開発・製造の拠点を台湾に設立。主力製品である小型液晶ディスプレイは、放送・教育・監視・医療・FAに至るまで、今やあらゆるビジネス現場で採用されています。また、日本メーカーならではの品質や特色を持った製品展開が注目され、近年ではドイツ、イギリス、フランスを始めとするヨーロッパから、中東、アジアまで、世界中に製品を出荷しています。世界中の昼夜の違う国に、市場ニーズに合わせたユーザー目線の製品を届けることを使命に、人々の生活と文化の水準向上に貢献し豊かな未来社会を目指します。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング