クラウドワークフローサービス『X-point Cloud』が9年連続トップシェアを獲得

PR TIMES / 2020年10月5日 12時15分

~複数市場調査レポートにおいてトップシェア3冠達成!新時代の働き方変革を背景に高いシェアを維持~

 ワークフロー及びデジタル稟議のリーディングカンパニーである株式会社エイトレッド(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:岡本 康広 以下、エイトレッド)は、株式会社ミック経済研究所が調査した『コラボレーション・モバイル管理ソフトの市場展望2020年度版』 において、SaaS・ASP型ワークフロー市場シェア(出荷金額)で9年連続トップシェアを獲得いたしましたので、お知らせいたします。
 これにより、クラウドワークフローサービス『X-point Cloud(エクスポイント クラウド)』は、複数の市場調査レポートにおいて「2019年度の出荷金額/売上金額の実績でシェアNo.1」を獲得したことになります。




[画像1: https://prtimes.jp/i/50743/28/resize/d50743-28-688283-0.png ]



市場シェア調査について

<株式会社ミック経済研究所(以下、ミック経済研究所)「コラボレーション・モバイル管理ソフトの市場展望2020年度版」より引用>
 SaaS・ASP型ワークフロー市場シェア(出荷金額)で9年連続シェアNo.1(2019年度実績 シェア34.3%)を獲得しました。
 また、SMB(100人未満)向けのワークフロー市場シェア(売上高推移)においても9年連続シェアNo.1(2019年度実績 シェア55.9%)を獲得。ワークフロー市場全体シェア(出荷金額)においても9年連続でシェアNo.2以上を維持しています。

※ミック経済研究所刊行『コラボレーション・モバイル管理ソフトの市場展望2020年度版』
<発刊日 2020年9月30日( https://mic-r.co.jp/mr/01885/)>

<株式会社富士キメラ総研(以下、富士キメラ総研)「ソフトウェアビジネス新市場 2020年版」より引用>
 SaaSワークフロー市場占有率推移(金額)で5年連続シェアNo.1(2019年度実績 シェア23%)を獲得しました。また、パッケージワークフロー市場占有率推移(金額)においても、2019年度実績においてシェアNo.2を獲得いたしました。

※富士キメラ総研刊行『ソフトウェアビジネス新市場 2016年~2020年版』
<発刊日 2020年9月14日( https://www.fcr.co.jp/report/202q02.htm)>

<株式会社アイ・ティ・アール(以下、ITR)「ITR Market View:RPA/OCR/BPM市場2020」より引用>
 SaaS型ワークフロー市場におけるベンダー別売上金額、およびシェアで5年(2016年度~2020年度予測)連続シェアNo.1(2020年度予測 シェア22.4%)を獲得しました。
 また、2020年度予測のワークフロー市場全体(パッケージ・SaaSの売上金額合計)でシェアNo.2を獲得。売上規模別市場(パッケージ・SaaSの売上金額合計)では、年商100億円~500億円未満において3年連続シェアNo.1(2018年度~2020年度予測)、年商10億円~100億円未満においても3年連続シェアNo.1(2018年度~2020年度予測)を維持しており、中堅中小企業向けSMB市場でもトップシェアを獲得いたしました。

※株式会社アイ・ティ・アール刊行『ITR Market View:RPA/OCR/BPM市場2020』
<発刊日 2020年9月3日( https://www.itr.co.jp/report/marketview/M20001600.html)>


ワークフロー市場調査レポートサマリー


[画像2: https://prtimes.jp/i/50743/28/resize/d50743-28-904188-1.png ]


<ワークフロー市場 2019年度実績(出荷金額/売上金額)>
・SaaS(クラウド)市場でシェアNo.1(ミック経済研究所・富士キメラ総研・ITR 調べ)
・SMB(中小企業)市場でシェアNo.1(ミック経済研究所・ITR 調べ)
・ワークフロー市場全体でシェアNo.2(ミック経済研究所 調べ)
・パッケージ市場でシェアNo.2(富士キメラ総研 調べ)

 企業が取り組む働き方改革及び、ここ数ヶ月の新型コロナウイルスの影響で業務環境が激変し、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方を実現するテレワークの浸透が加速しています。しかし、ハンコ決裁のための出社がメディアでも話題になったように、社内業務のデジタル化に追いついていない企業が多数存在するのも事実です。このような企業の課題に対して、社内のあらゆる書類の申請手続きを電子化し、迅速な意思決定、業務効率化を実現する『X-point Cloud』は、場所を選ばずに業務を行えるワークフローツールとして、今後も高まる市場・顧客ニーズに合わせて進化していきます。
 エイトレッドは、これからもニューノーマル時代のニーズを適切に捉え、お客様の業務改革の支援に邁進してまいります。


クラウドワークフローサービス『X-point Cloud』について


[画像3: https://prtimes.jp/i/50743/28/resize/d50743-28-262287-2.png ]

 『X-point Cloud』は、多数の導入実績がある「X-point」の機能をそのままクラウドに展開した、安心・お手軽に始められるワークフローサービスです。
 社内のあらゆる場面における書類などの申請手続きを電子化し、迅速な意思決定、業務効率化を実現します。ワークフロー運用に必要なきめ細やかな機能を実装しており、小規模から数百人規模までの組織の特徴やそのニーズに合わせて利用可能です。(『X-point Cloud』: https://www.atled.jp/xpoint_cloud/


エイトレッド代表 岡本のコメント


[画像4: https://prtimes.jp/i/50743/28/resize/d50743-28-490001-3.png ]

 このたび、ミック経済研究所から発表されたSaaSワークフロー市場占有率推移(金額)で9年連続シェアNo.1を獲得することができました。先日発表した富士キメラ総研とITRの調査を合わせてワークフロークラウド市場でトップシェア3冠となります。
 ミック経済研究所の調査では「コラボレーションソフト」としてのカテゴリーとなりますが、まさにワークフローとは部署横断でのプロジェクトを促進するというコラボレーションに本質的な価値があると考えています。これからの時代、社内外含めて知見を吸収し、企画を行い、いち早く実行することがより求められます。ワークフローでは「承認」のたびに付加される知見へのアクセスを容易にし、時間・場所を問わない意思決定を進めることが可能です。これらの価値をより多くの企業様へ届けていきたいと思います。

株式会社エイトレッド
代表取締役社長 岡本 康広


会社概要について

 エイトレッドは、稟議書や総務・人事諸届、経費精算などの社内申請手続きを行うワークフローシステム「AgileWorks(アジャイルワークス)」「X-point(エクスポイント)」及び、ワークフロークラウドサービス「X-point Cloud(エクスポイントクラウド)」を開発、全国の販売パートナーを通じて3,000社を超える企業・自治体・官公庁・教育機関などに導入されています。

名称  :株式会社エイトレッド(東証一部:3969)
所在地 :〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-15-1 渋谷クロスタワー1F
代表者 :代表取締役社長 岡本 康広
設立  :2007年4月
事業内容:ワークフロープロダクトの製品開発・サポートサービス・クラウドサービス
URL  : https://www.atled.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング