家具に第二の人生を与える情報発信基地 日本初の「Circular Hub」がIKEA港北に登場!

PR TIMES / 2021年2月10日 16時45分

~人と地球にやさしい循環型社会にむけて~ 

「より快適な毎日を、より多くの方々に」をビジョンとするスウェーデン発祥のホームファニッシングカンパニー イケアの日本法人イケア・ジャパン株式会社(本社:千葉県船橋市、代表取締役社長 兼 Chief Sustainability Officer:ヘレン・フォン・ライス)は、2021年2月13日(土)より、家具に第二の人生を与え、お客さまにサステナビリティな暮らしのアイデアをお届けするスペース「Circular Hub(サーキュラーハブ)」を日本で初めて、IKEA港北にオープンします。今夏までに全国の他8ストアでも順次展開します。



[画像1: https://prtimes.jp/i/65734/28/resize/d65734-28-643702-5.jpg ]



「Circular Hub」は、地球にも人にもポジティブな影響を与えることを目指すイケアのサステナビリティ戦略「People & Planet Positive(ピープル・アンド・プラネット・ポジティブ)」に基づくアクションであり、全世界のストアでの展開を計画しています。イケアは「Circular Hub」をとおして、多くの人々に、よりサステナブルに暮らすためのインスピレーションを提供するとともに、そうした暮らしを皆さまが簡単に手ごろなコストで実現できることを発信していきます。

日本初となるIKEA港北の「Circular Hub」では、お客さまから買取りしたイケアの家具や展示品の購入ができるだけでなく、コワーカーによる家具の組み立てを見学できるコーナーや、商品のメンテナンス方法などについてのワークショップを将来開催予定の「Learn & Share area」を設け、お客さまがより簡単に、手ごろな価格で、よりサステナブルな暮らしが実現できるよう提案していきます。今夏までに全国の他8ストア(IKEA仙台、IKEA新三郷、IKEA立川、IKEA Tokyo-Bay、IKEA長久手、IKEA鶴浜、IKEA神戸、IKEA福岡新宮)でも同様の内容で開設を予定しています。
[画像2: https://prtimes.jp/i/65734/28/resize/d65734-28-577151-1.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/65734/28/resize/d65734-28-862071-6.jpg ]






昨年度には、全世界のアウトレットエリアで、約6,200万個の潜在的な廃棄物(返品、破損、製造中止製品、展示品を含む)のうち約3,900万個を再販売しました。今後は「Circular Hub」として生まれ変わり、ますます人々と地球にやさしい循環型社会にむけて、家具に第二の人生を与える情報発信基地となり、サステナブルな消費の促進に寄与していきます。

イケアは、2030年までに循環型でクライメート・ポジティブなビジネスを実践することを目標とし、以下のような具体的なアクションを展開しています。

・「BuybackFriday - バイバック(買取り)フライデー」の実施
世界27か国で2020年11月24日から12月3日まで実施した家具買取りキャンペーンです。昨年は日本で、一昨年の約11倍の製品個数を受け付け、サステナブルな消費の促進とサーキュラーエコノミー(循環型経済)に貢献しました。
・すべてのポリエステル製品を再生可能/リサイクルポリエステル製に
イケアは石油由来のバージンポリエステル素材への依存を終了し、2030年には再生可能素材やリサイクルポリエステル素材だけを使用することを掲げています。2020年には、ポリエステルを使用するテキスタイル製品の約90%をリサイクル素材にきりかえることができました。
・環境に配慮した木材の管理
イケアで使用する木材の98%を、より持続可能な調達先から仕入れた木材(リサイクル材またはFSC認証林の木材)にしています。また、イケアでは原材料の責任ある使い方にも配慮しており、木材は生産時の不要な廃棄物を最小限に抑えています。
・使い捨てアルカリ電池の販売終了
2021年10月までに、世界中の商品展開からアルカリ電池(非充電式)を外し、販売を終了する予定です。代わりにLADDA/ラッダなどの充電式電池をご利用いただくことにより、長期的には温室効果ガスの排出量を削減しながら、お客さまの節約にもつながります。日本でも店舗でのアルカリ電池の在庫がなくなり次第、順次の終売となります。

イケアは「より快適な毎日を、より多くの方々に」というビジョンのもと、10億人以上の人々にインスピレーションをもたらし、皆さまが地球の限られた資源のなかで、より快適な毎日を送れるよう、今後も循環経済と気候変動に対するさまざまなソリューションを提供していきます。
[画像4: https://prtimes.jp/i/65734/28/resize/d65734-28-504087-3.jpg ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/65734/28/resize/d65734-28-847946-4.jpg ]


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング