お店年賀なら、「年賀状相談員」がいるパレットプラザ・55ステーションへ!

PR TIMES / 2013年10月31日 14時55分

11月1日、いよいよ年賀はがき一斉販売開始。早割、特急仕上げ、はがき引き取りなどサービスも充実

株式会社プラザクリエイト(本社:東京都中央区/代表取締役社長:大島康広)は、2013年11月1日(金)のお年玉付き年賀はがき一斉発売を受け、全国のパレットプラザ・55ステーション店舗で好評受付中の年賀状印刷サービスをさらに強化します。全国約580店の店舗スタッフ全員が「年賀状相談員」として、お客さまの年賀状づくりをサポートします。

ディズニーやサンリオなど毎年人気のキャラクタータイプに、今回はLINEキャラクターなどの新キャラクターを投入しデザインを拡充。さらに12月10日(火) までの早割や、毎年好評の「年末でも」当日仕上げ(特急仕上げ)、本年初の試みの「はがき引き取りサービス」として、未使用はがきを年賀状印刷に利用可能な金券と交換するサービス、年明けには、ご注文いただき余った年賀状を金券と交換するサービスなど、新たに様々な特典・サービスを設け、来店増・購入枚数増を目指します。
→パレットプラザ・55ステーション年賀状特設サイト http://www.postcardshop.jp/

■2014年 プラザクリエイトの年賀状のポイント

●店舗スタッフ全員が頼れる「年賀状相談員」
店舗スタッフ全員が様々なご要望にお応えできる「年賀状相談員」として、お客さまの納得のいく年賀状づくりをサポートします。

●お気に入りの1枚を徹底サポート―豊富なデザイン、プリント代行
新たにLINEキャラクターなどを加えた全28種のキャラクタータイプなど、例年よりデザインを拡充した約1000種のテンプレート。お持ち込みのデザインのプリント代行も対応し、オリジナルの年賀状づくりをサポートします。

●最大半額の早割サービス―12月10日(火)まで
12月10日(火)までの早めのご注文には割引を実施。リーズナブルな「お買得絵柄」は総額より半額となります。

●最速で当日仕上げ―特急仕上げ
年末まで実施。ご注文当日12:00までの受付なら最速で当日お渡し可能(※別途特急料金が必要)。

●「はがき引き取りサービス」を開始 【新サービス】
来店のきっかけづくりと、年賀状購入枚数減の原因のひとつでもある「ピッタリ買い(余裕のある枚数を購入するのではなく、出す枚数だけピッタリ購入する傾向)」の対応策として、新たに下記2つのサービスを開始。

 未使用はがき引き取りサービス 期間:2013年11月30日(土)まで
 額面50円の年賀はがき、普通郵便はがきをお持ちいただくと、年賀状印刷料金にもご利用可能な50円/1枚 
 の金券を進呈。最大10枚、500円まで。

 余った・書き損じた年賀状の引き取りサービス 期間:2014年営業開始日~2014年1月31(金)まで
 当店でご注文いただいた年賀状をお持ちいただくと、はがき+プリント代相当の金券と進呈。

●「喪中お見舞い」 新サービス
喪中はがきで初めて訃報を知るケースが増えていることを受け、喪中はがきをいただいた際に、ご親族にお悔やみをお伝えする「喪中お見舞い」の提案を始めました。

【参考】 年賀状に関する基本知識の一例
パレットプラザ・55ステーションの「年賀状相談員」は、年賀状の基本知識やマナーに関するご質問にも対応します。

● いつ出す?
受付開始は12月15日、12月25日までに投函すれば基本的に元旦に到着(日本郵便HPより)。松の内(一般的に1月7日までに)届けばOK。7日を過ぎたら、2月4日の立春まで「寒中お見舞い※」を。

● 「。」「、」は実はマナー違反?
「、」や「。」は、もともと文字をうまく読めない人が読みやすいよう使われ始めたといわれています。年賀状など相手に敬意をはらう文章には、本来は使用しないのがマナーで、文章が長くなるときは改行やスペースを使うのが礼儀とされます。

● 修正も厳密にはマナー違反
文字などを書き間違えてしまったら、新しいはがきに書き直すのがマナー。訂正線や修正ペンで修正した年賀状を送るのは大変失礼にあたります。

● ※「寒中お見舞い」とは?
松の内(元旦から1月7日)を過ぎてから、節分(2月3日)までに届けます。はがきを出さなかった相手から年賀
状が届いたとき、喪中などで年賀状を出せないとき、喪中なのに年賀状を受け取ったときの返信、相手が喪中の
ときの挨拶状としても使われます。このため、年賀はがきは使えません。寒中お見舞い用に別途印刷します。


株式会社プラザクリエイトについて
1984年、大島康広(社長)が大学在学中に写真撮影業をスタート。1986年に写真のスピードプリント時代を切り拓くDPEショップ「パレットプラザ」1号店出店、1988年「株式会社プラザクリエイト」を設立。現在は日本最大級の写真サービスショップチェーンとして「パレットプラザ」「55ステーション」の2つの屋号を展開。会社の原点である「一枚の写真から」広がる楽しさ、美しさ、そして感動をお届けすることをテーマに、新たな写真文化の創造に取り組んでいます。 URL : http://www.plazacreate.co.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング