有料老人ホーム・介護施設の検索サイト「介護ぱど」オープンのお知らせ

PR TIMES / 2013年6月5日 16時36分

株式会社ぱど(本社:東京都品川区 代表取締役社長:倉橋 泰  http://www.pado.co.jp )の子会社、株式会社ぱどラボは、関東の有料老人ホーム・介護施設の料金や入居費用、施設の魅力を分かりやすく紹介する検索サイト「介護ぱど(http://p-kaigo.jp/)」をオープンいたしました。(1都3県を皮切りに、全国の情報を順次公開予定)



「介護ぱど」は、介護施設に入居をお考えの利用者(ご本人及びそのご家族)にとって、使いやすく、便利な情報サービスをご提供いたします。また、今すぐ介護の情報を必要としている方だけでなく、将来に備えたいという方にとっても、役立つ内容となっております。ぱどグループが創業以来25年で培った情報提供のノウハウを活かし、サイトだけでなく自社発行媒体でのプロモーションや連動企画により、さらに多くの方々へ情報提供を行い、高齢者が安心して暮らすことができる社会の実現、介護業界の発展に貢献してまいります。

■コンテンツ
【有料老人ホーム・介護施設の紹介】
料金設定や医療体制、職員体制など基本情報のほか、雰囲気の伝わる写真を多数掲載。比較検討しやすいよう配慮し、資料請求やお問合せもスムーズに行えます。
【介護ガイド】
施設の種類や資金計画について、見学会、体験入居時のチェックポイントなど、初めての人にも分かりやすく入居までの流れを紹介。介護保険や、施設の種類についても説明します。
【介護関連ニュース】
「高齢者住宅新聞」の協力を得て、介護施設・老人ホームについてのトレンド情報をお知らせします。
【口コミ】
実際に施設を検討し、決めた人が、何を重要視したか?決め手は?これから検討する人へのアドバイスは?という3つのポイントについて、リアルな声を集めました。
※コンテンツは順次拡充予定


■「介護ぱど」開設の背景
 (株)ぱどが、20~50代の主婦による読者モニター組織「ぱどめいと」530人を対象にアンケート調査を行った結果によると、「親の老後について心配になることがある」と回答した人は78%と、多くの主婦が不安を感じていることが明らかになりました。また、そのうち親と老後についての話をしている人は半数以下、親の老後のために具体的に行動を起こしている人はわずか4%でした。
 親の老後で心配なことの上位は「介護」。しかし、 「介護」が必要になったとしても、83%の人が「何をしたらいいのか分からない」と回答しています。「介護」が必要となったときに感じる不安は?との問いでは、「自分も親も納得できる介護方法はあるのか?どんなサービスがいくらくらい掛かるのか?生活は成り立つのか?」という不安があるものの、介護に関する知識がないため、「どこに頼んだらいいのか?誰に相談したらいいのか?」など、介護に関する情報をどこから手に入れたらよいのか分からないといった声が挙がりました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング