首都圏初!「一般ファミリー向け」と「アクティブシニア向け」分譲マンションを一体設置 大規模複合再開発『武蔵浦和SKY&GARDEN』 “多世代共生型街づくり”の実現に向け、いよいよ本格始動!

PR TIMES / 2015年1月7日 15時8分

 新日鉄興和不動産株式会社(本社:東京都港区、代表取締社長:永井 幹人)ならびに株式会社コスモスイニシア(本社:東京都港区、代表取締役社長:高木 嘉幸)は、三菱商事株式会社、三菱地所レジデンス株式会社と共同で進めている埼玉県武蔵浦和駅前の大規模複合再開発プロジェクト『武蔵浦和SKY&GARDEN』において、アクティブシニア向け分譲マンション『グランコスモ武蔵浦和(武蔵浦和SKY&GARDEN・E棟)』のモデルルーム公開に伴い、2015年1月以降に街区全体での販売を本格化するとともに、“多世代共生型街づくり”の実現に向けた取り組みを共同で開発・展開して参ります。



■首都圏初!“多世代共生型街づくり”を実現する駅前複合再開発
●首都圏で初めてとなる、「一般ファミリー向け」と「アクティブシニア向け」分譲マンションを一体設置した駅前大規模複合再開発。
●「場」「人」「仕組み」の3つの観点から、“内”と“外”をつなげる“多世代共生型街づくり”を推進。
→「場」・・・コミュニティカフェと23の共用施設。地域に開放した、防災拠点ともなる約7,500m2 の庭園。
→「人」・・・多世代共生を手助けする「コミュニティコーディネートスタッフ」の駐在。
→「仕組み」・・・単なる「近居」ではなく、相互に「共生」し多世代コミュニティを育む様々なプログラム。
●2015年新春、「多世代共生」の第一弾として、入居予定者・地域住民共同で街づくりイベントを開催予定。


■「多世代共生型街づくり検討会」を立上げ「場」・「人」・「仕組み」の検討を本格始動

 本プロジェクトでは、2016年3月の街開きに向けて、「事業主4社」と「株式会社フォーシーカンパニー」が共同して“多世代共生型街づくり検討会”を立ち上げ、「多世代共生型街づくり」を実現する「場」「人」「仕組み」についての具体的な検討をスタートしました。少子高齢化、女性の社会進出促進等の社会背景を踏まえ、内閣府調査(※次々頁参照)においても、子どもを産み育て易い環境づくりへの意識が高まっており、「二世帯近居」が理想の家族の住まい方として注目される等、子ども・子育て世代・シニア世代が相互に交流可能な“多世代共生型街づくり”が必要とされていることを受け、以下のような施策を取り入れました。

Chapter1・「場」―コミュニティカフェと23もの共用施設

・首都圏初の一般向け分譲マンションとアクティブシニア向け分譲マンションの一体設置で多世代が住まいます。
・庭園に面したメインエントランス横には、コミュニティハブとして情報発信拠点となる「オアシスカフェ」を設置します。
・「オアシスカフェ」では、カフェコーナーでの軽飲食提供に加えて、居住者の方のハンドメイド作品の展示・販売のプログラム、交流イベントなどを展開予定で、多世代共生の拠点となります。・独立型のコミュニティ棟を中心に23の共用施設を配置し、商業施設、保育施設、内科クリニック、レストラン等の設置も予定しており、多世代共生を創出します。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング