Live to RISE

PR TIMES / 2012年11月12日 13時11分

上を向いて歩こうのビルボード1位から50年。次世代を担うアーティストを紹介するライブを開催。尾崎豊の長男 尾崎裕哉も参加。世界で評価を得るソノダバンド、ざ・五人囃子と3アーティストで赤坂BLITZでライブを実施。



2013年は「上を向いて歩こう」がビルボード1位を獲得して50年という区切りの年になる。時代はネット社会。世界はよりボーダーレスになり、言葉を超えて日本の音楽を世界に響かせる可能性に満ちている。その区切りとなる年の1月に「心響かせる良質な音楽と、世界へ羽ばたく可能性のあるアーティストを紹介する。」をコンセプトにしたライブイベントを開催します。
その名も「Live to RISE ~SUKIYAKI NEXT GENERATION~」

“ソノダバンド”は、2010年にメジャーデビューした6人組インストゥルメンタルバンド。これまでに世界最大規模の音楽フェスティバル「SXSW(サウス・バイ・サウス・ウエスト)」に2年連続出場。アメリカツアーも行い日本においてもCM(SKII等)の楽曲提供や由紀さおりとのコラボレーションなど積極的に活動。12月にはニューアルバム「火の玉」をリリースする注目のバンドです。
“ざ・五人囃子”は古来より伝承してきた囃子の技術、日本伝統楽器を今の新しい感性と解釈で発信する注目グループ。今年11月にはイタリア公演を実施し大きな反響を得ています。日本の伝統を世界に発信する注目のサウンドは必聴です。
“尾崎裕哉”は現在大学在籍中で、ラジオパーソナリティーとしても活躍中。ミュージシャンとしてはライブ初参加し、その第一歩をステージに刻むこととなります。一人のミュージシャンとして様々な社会問題や、未来を思考し、彼自身の(言葉)と(音楽)でアクションを起こしていきます。

ライブが実施される2013年1月13日お昼の赤坂BLITZ別公演では「上を向いて歩こう」の永六輔さんをお迎えしたライブも行われる予定で、まさに「上を向いて歩こう」の過去・現在・未来が表現される1日となります。これからのクリエイティブを担い、世界へ羽ばたいていくアーティストを共有し、さらに共感、共鳴へと広げる2013年第1歩のライブ。また「Live to RISE ~SUKIYAKI NEXT GENERATION~」では3組のアーティストの単独出演だけではなくそれぞれのコラボレーションなどが実施される予定です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング