タスマニアフェア 6月27日(水)~7月22日(日)開催、オーストラリアの食の宝庫から美食の宴

PR TIMES / 2012年6月1日 15時35分

ウェスティンホテル東京(東京都目黒区三田1-4-1 総支配人ディートマー・キールンホファー)は食の宝庫であるオーストラリアのタスマニア・フェアを開催いたします。

タスマニア(州都ホバート)はオーストラリア南東部の州であり、タスマニア島を中心にキング島、フリンダーズ島などにより構成されております。タスマニアは南極からの全く汚染されていない空気と世界一美味しい水を有しており海の幸、山の幸、酪農品、ワインなど全てにおいてすばらしい食材が生産されています。気候と土壌の要素がフランスのトリュフを産している地域にとても類似していることもあり、黒トリュフは中でも他に比類のない高品質です。シーフードとしては、最高の牡蠣、アワビ、ムール貝、帆立貝、ロックロブスター、ブルーアイ・トゥレバラ(メダイの仲間)、コチなどが水揚げされます。

そしてタスマニアはオーストラリアでも有数な名ワインの産地で、その高級ワインはヨーロッパの著名なワインと似た気候で育ったブドウからつくられます。夏は暑すぎず、秋が長いおかげで、ブドウはじっくりと熟していきます。
世界各国のシェフがタスマニアより食材の調達をしているばかりでなく、有名シェフが数多く移り住んでいるほど食に魅力ある場所です。

今回はそのタスマニアの美食とワインのすばらしさを東京にいながらにしてご体験いただきたく、下記の様々な魅力的なプランをご用意いたします。

タスマニア・ガラディナー
南麻布にあるレストラン「プティポワン」のシェフ北岡尚信(きたおかかつのぶ)氏※1とウエスティンホテル東京総料理長沼尻寿夫(ぬまじりとしお)が供に考案した一夜限りのメニューを考案いたしました。ビクターズからの素晴らしい夜景はタスマニアのコース料理やワインのすばらしい時間をさらに演出いたします。

開催日時: 6月29日(金) 19:00-21:00
レストラン: ヨーロピアンコンチネンタルレストラン「ビクターズ」(22F)
料金: ¥15,000(消・サ込、お飲み物込)
メニュー:

タスマニアン・アミューズ
ムール貝のグラタンとタスマニアンオイスターのショー・フロワ
鮑とトリュフの食通好みのサラダ
エスカロップサーモンのソテー オゼイユソース
仔羊背肉のグリエ
トマトのチャッツネ添え レザーウッドハニー風味
白桃の八角風味スープとソルベのラベンダーハニーがけ
カフェと小菓子
ワイン;Forgmore Creek Wines

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング