藤久株式会社とGMOペパボ株式会社が業務提携を開始 国内ハンドメイド市場における強みを活かした共同企画を展開

PR TIMES / 2014年7月10日 13時42分

~第1弾として2014年9月よりハンドメイド作品コンテストを実施~



全国で展開中の手芸専門店「クラフトハート トーカイ」を主力に、手芸用品や衣料品・服飾品、その他生活関連雑貨などの店頭販売・通信販売を行う藤久株式会社(代表取締役社長:後藤 薫徳/名古屋市)は、GMOインターネットグループのGMOペパボ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 佐藤健太郎 以下、GMOペパボ)と、国内ハンドメイド市場でのプロモーション連携を行うことで、本日2014年7月10日に業務提携いたしました。

今後は、イベントの共同企画を行うほか、GMOペパボが運営するハンドメイド作品のCtoCオンラインマーケット「minne(ミンネURL:http://minne.com/ )」および藤久が展開する手芸用品専門店やECサイトなどにおいて、両社が連携したプロモーションを実施してまいります。

提携第1弾となる共同企画は、ハンドメイド作品のコンテスト『ハンドメイド大賞』を2014年9月から開催する予定です。


【本提携の背景】


藤久株式会社は、「クラフトハート トーカイ」をはじめとする手芸用品専門店を全国に450店舗以上展開しているほか、布地から陶芸用品まで、手芸関連の商品を幅広く扱う国内最大級の手芸用品インターネット通信販売サイト「シュゲール・ドットコム」を運営しています。また、商品販売にとどまらず、各実店舗において実施している講習会やワークショップも人気を集めており、初心者から上級者まで多くのハンドメイド愛好家から親しまれています。


一方、GMOペパボは、2012年1月からハンドメイド作品に特化したCtoCオンラインマーケット「minne」を提供しています。「minne」は、TwitterやFacebookなどのSNSを活用した作家・作品プロモーションや、リアルショップイベントの実施、同様のサービスの中では初となるスマートフォンアプリの配布など、ユーザー目線に立ったサービス展開でご好評をいただき、現在では後発のサービスながら国内No.1(※1)の登録作家数を誇るサービスへと成長しております。

この度、藤久とGMOペパボは、ともにハンドメイドに関するO2O(※2)型のイベントやプロモーションを実施していることから、クリエイターの発掘や育成を推進し、ユーザーへ世界にひとつのオリジナル作品との出会いを創出するため、このたび業務提携を行いました。
※1: 2014年7月1日時点minne登録作家数(商品提供ユーザー数)約42,000人。
(国内ハンドメイドCtoCオンラインマーケット運営主要5社の公表登録作家数を比較【GMOペパボ調べ】)
※2:Online to Offline の略。インターネット上の情報やサービスを、実在する店舗での集客や販売促進につなげる仕組みのこと。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング