高性能トリプルガラス樹脂窓「APW430」発売

PR TIMES / 2014年1月24日 16時12分

世界トップクラスの断熱性能をもった樹脂窓を日本全国に展開します。

YKK AP株式会社(社長:堀 秀充、本社:東京都千代田区、資本金:100億円)は、世界トップクラスの断熱性能を実現した高性能トリプルガラス樹脂窓「APW430」を2014年4月に発売し、樹脂窓を通じた「小エネ(ローエネ)」(※1)提案の強化を図ります。



YKK APでは、窓の断熱性能を高めることで空調設備等への依存を少なくし快適な住環境を実現できる「小エネ(ローエネ)な暮らし」を推進しています。2009年度には今までの樹脂窓のイメージを払拭した新たな樹脂窓「APW330」を全国発売し好評を得ています。昨今の電力需給問題による全国的な省エネ意識の高まりや、住宅の断熱性能と健康との関わりを指摘する研究も増えるなど、より一層の断熱性能の向上と樹脂窓に対する需要は大きな高まりを見せています。YKK APは、世界トップクラスの断熱性能を実現した「APW430」を発売し、パッシブハウス(※2)などの高断熱住宅にも対応する、より高い次元での「小エネ(ローエネ)な暮らし」の提案と樹脂窓の更なる普及を図ります。


【主な商品特長】
・世界トップクラスの断熱性能 熱貫流率(U値):0.91 W/(m2 ・K) (※3)
トリプルガラスの空気層には断熱性能を高めるアルゴンガスを注入し、ダブルLow-Eトリプルガラスを採用することで世界トップクラスの断熱性能。

・デザイン
樹脂窓でも重厚感を感じさせないスリムなフレームデザイン。APW330」のシンプルでスリムな意匠を踏襲し、併用しても違和感のないコーディネートが可能です。

・快適性を高める機能
「たてすべり出し窓」では半開固定機能がついた新ハーフロックを標準装備。高い通風機能を持つ「ウインドキャッチ連窓」も取りそろえ、窓を開けたときの効率的な外気導入により四季を通じて快適な住空間を実現します。

[ 商品仕様・概要 ]

1.高い断熱性能
YKK AP製のダブルLow-Eトリプルガラス(室内、室外側ガラス2枚の内側にLow-E膜をもち16mm空気層にアルゴンガス封入、樹脂スペーサー装備)とマルチチャンバーの専用樹脂フレームを組み合わせることで、熱貫流率0.91W/(m2 ・K)を実現しました。またダブルLow-Eでありながら日射熱取得率(※4)の低下を抑え、日射熱取得率は0.46としています。さらに「APW430」では、より日射熱取得率を高めたシングルLow-Eトリプルガラス(室内側ガラスの内側のみにLow-E膜)仕様の日射取得タイプ(熱貫流率1.17W/(m2 ・K)(※5)/日射熱取得率0.56)もラインアップし断熱性能と日射取得のバランスを考えた設計としています。お住まいの地域、方角、生活スタイルなどに合わせたガラスを使い分けることにより、冷暖房費を最大限に削減できます。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング