Webフォントで効果的なプロモーション活動を支援

PR TIMES / 2013年9月3日 12時26分

~WebフォントサービスFONTPLUS、クラウド型デジタルサイネージでACCESS社と業務提携~

ソフトバンク・テクノロジー株式会社(代表取締役社長 CEO:阿多 新市、本社:東京都新宿区、以下SBT)は、
株式会社ACCESS(代表取締役社長 兼 最高経営責任者(CEO):室伏 伸哉、本社:東京都千代田区、以下 ACCESS)
とWebフォントサービスFONTPLUSにおいて業務提携を行いましたのでお知らせします。



今回の業務提携により、ACCESSが提供しているHTML5対応クラウド型デジタルサイネージ「SIGNESS(サイネス)」
に、WebフォントサービスFONTPLUSの機能が新たに追加されました。デザイン性の高いWebフォントを用いる
ことで、商品やキャンペーンの訴求力につながるコンテンツ制作が可能になるだけでなく、複数拠点に設置した
多種多様なディスプレイ端末に同じフォントでテキスト表示できます。また、デザイン性のあるテキスト制作にも
別途画像データとして用意する必要は無く、直接、テキストを入力することで任意のフォントを適用できるため、
コンテンツ制作の手間を大幅に削減することができます。

SBTは、今後もWebフォントの更なる普及を目指し、WebフォントサービスFONTPLUSにおけるパートナー協業を
推進するとともに、今後のサイネージ市場においてもFONTPLUSが付加価値の高い有益なサービスとして、広く
貢献してまいります。


■「SIGNESS」について

「SIGNESS」は、HTML5およびクラウド技術を用いた、次世代クラウド型サイネージソリューションです。
「オーサリング機能」、「管理機能」、「コンテンツ配信機能」などは全てクラウド上で管理されたASPサービスと
して提供されますので、ユーザー企業は、インターネット接続環境と、スマートデバイスなどのディスプレイ用端末
を用意するだけで、本格的な電子看板サービスを、迅速に、容易に、かつ低コストで導入することが出来ます。
また「オーサリングサイト」およびディスプレイ用端末のプレイヤーはHTML5で構築されているため、動画や音声・
BGMなどを盛り込んだリッチコンテンツに加えて、Webサービス連携において優れた拡張性を発揮します。

今回の業務提携にあたり、株式会社ACCESS 執行役員 兼 ソフトウェアソリューション本部長 夏海 龍司氏より、
以下のコメントをいただいております。
「この度のソフトバンク・テクノロジー社との業務提携を嬉しく思います。「SIGNESS」はHTML5で構築されている
ため、Webフォントサービス FONTPLUSを容易に実装することができました。Webフォントの実装が、より効果的な
プロモーションを実現するサイネージソリューションへと「SIGNESS」を進化させ、お客様の売上向上や事業拡大の
一助となることを期待しています。」
株式会社ACCESS
執行役員 兼 ソフトウェアソリューション本部長 夏海 龍司氏

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング