1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

化粧品のベトナム本格進出サービスをリリース|ベトナム国内の最大級メディアMCVのネットワークを活用

PR TIMES / 2021年7月12日 14時45分



COSMERIAを運営する株式会社プラネティア(本社:東京都新宿区、代表取締役社長鎌形諭、以下プラネティア)は、ベトナムの大手テレビ番組制作・テレビ配信・デジタル配信企業のMCV Group Corporation(本社:ベトナム ホーチミン、以下MCV)と、戦略的パートナーとして業務提携契約を締結し、日本の化粧品・美容品のベトナム本格進出サービスをリリースしました。

化粧品・美容品のベトナム本格進出サービス
https://www.planetia.info/vietnam-loveshopping-mcv
[画像1: https://prtimes.jp/i/18686/29/resize/d18686-29-8e602d43105406672aa4-0.png ]

プラネティアが提供するプラットフォームCOSMERIAは、東南アジア各国向けに化粧品に口コミサービス。2016年のサービス開始以来、日本の化粧品を 使っていたり、興味のある現地女性ユーザーを集め、2021年7月現在、約18万人の会員をモニターとしてかかえている。

[画像2: https://prtimes.jp/i/18686/29/resize/d18686-29-744cf75352b9b9211c86-1.png ]

提携先のMCVはベトナム国内最大級のメディア企業で、テレビ番組制作やデジタルコンテンツ制作・配信を行う。MCVが運営するECサイト、Love Shoppingは日本製品とそれと同様のレベルの高品質の真正商品を扱うことをコンセプトしてベトナムで展開されている。MCVが運営しているからこそ展開できる多岐にわたるプロモーション施策が強みで、SNSの運用なども同時にLove Shoppingとして請け負い、販売チャネルをECサイトだけに留めず、KOL案件も含めた様々な対応がオーダーメードで可能な点が特徴的。出品した先の幅広い販売活動をサポート。

本サービスでは、製品の輸出入、販売許可の取得代行、マーケティング、販売業務までカバー。ベトナムにおける現地EC販売と本格メディアプロモーションを実現させ、口コミから現地輸出、販売まで一気通貫でベトナムマーケットにアプローチできるようになった。
[画像3: https://prtimes.jp/i/18686/29/resize/d18686-29-dabf0da878c925ffa651-2.png ]

販売はMCVが運営するLove Shoppingのみならず、ベトナム現地の大手ECショッピングモールであるShopee、LAZADAでも販売が可能。 現地でのマーケティングプランも充実しており、効果的なインフルエンサーの手配や、SNS広告の運用、実店舗での店頭キャンペーンの実施等、認知獲得と販売促進も一括でサポートが可能。更に、ベトナム現地での販売許可の取得から販売業務、カスタマーサポート等を全てカバーしており、ベトナム進出やその先の各国への展開を目指す企業にとり、簡単に始められ、かつ効果的に活用できるサービスになる。

なお、共同サービスのリリースにあたり、2021年7月27日(火)には無料オンラインセミナーを開催。
https://www.planetia.info/marketing-seminar

本提携による提供を開始するベトナム本格進出サービスの概要
https://www.planetia.info/vietnam-loveshopping-mcv

【株式会社プラネティア代表取締役 鎌形諭のコメント】
「以前から弊社としても注目し複数の企業とパートナシップを組む事で進出サービスを提供してきたベトナム。今回の提携により、ただ輸出し販売場所に置くだけでなく、本格的なブランディングプロモーションが実現できる事となりました。既にベトナムに進出している企業様にもプロモーションとして活用していただきたく思います。」

【会社概要】
株式会社プラネティア(Planetia Co. Ltd)
住所:東京都新宿区新宿7-26-7 ビクセル新宿1F
代表取締役:鎌形諭
設立:2016年3月
主な事業内容: アジアの口コミプラットフォーム「COSMERIA」の運営
https://www.planetia.info/

【取材依頼・お問い合わせ先】
会社名:株式会社プラネティア
連絡先:info@cosmeria.me

【本リリースについて】
プレスリリースに掲載されている内容、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後、様々な要因により予告なしに変更となる場合があります。あらかじめご了承ください。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング