サイプレス、IoTアプリケーション設計を強化するシステム レイヤーにセキュリティ機能を組み込んだ新製品をリリース

PR TIMES / 2019年2月27日 10時40分

PSoC 64 Secure MCU新製品ラインはPSA Certifiedセキュリティを実現



組み込みソリューションのリーダーであるサイプレス セミコンダクタ社 (米国カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ: CY) は2019年2月26日 (ドイツ時間)、独ニュルンベルクで開催中のEmbedded Worldで、モノのインターネット (IoT) アプリケーションのセキュリティ強化を目的に設計されたPSoC(R) 6マイクロコントローラー (MCU) の新製品群を発表しました。新しいPSoC 64 Secure MCUは、超低消費電力のPSoC 6アーキテクチャで提供されるハードウェア レイヤー機能に、堅牢な標準ベースのシステム レイヤー セキュリティ ソフトウェアが統合されています。具体的には、PSoC 64 Secure MCU デバイスは独立したRoot-of-Trustを真の認証およびプロビジョニング サービスと共に提供します。この製品ラインはまた、事前コンフィギュレーション済みのセキュアな実行環境を備えており、さまざまなIoTプラットフォームのシステム ソフトウェアをサポートしながら、TLS認証やセキュア ストレージ、セキュア ファームウェアを管理します。さらに、アプリケーション開発のための多機能な実行環境を、セキュアな実行環境で通信を管理するサイプレスのModusToolbox™スイートから提供される組み込みRTOSと共に提供します。
[画像: https://prtimes.jp/i/33539/29/resize/d33539-29-928324-0.png ]


PSoC 64 Secure MCUは、Arm Platform Security Architecture (PSA) 認証スキームであるPSA Certified™内でレベル1準拠として認証された最初のArm(R) Cortex(R)-Mプロセッサの1つで、Arm(R) Mbed™ OSオープンソース組み込みオペレーティング システムに統合されているセキュアなTrusted Firmware-M (TF-M) が利用できます。設計者は、Arm PSAの脅威モデルやセキュリティ分析、ハードウェアおよびファームウェア アーキテクチャと組み合わせることで、PSoC 64 Secure MCUを使って自信を持ってセキュア アプリケーションを開発できるようになります。この製品ラインは、パーソナル ヘルスケア デバイス、医療および慢性疾患管理機器、ホーム セキュリティ ソリューションなど、ユーザー データの保護と信頼性の高いファームウェアの更新が必要なクラウド接続製品に理想的です。PSoC 64 Secure MCUの製品群の詳細は、japan.cypress.com/psoc6securityをご覧ください。

サイプレスのマイクロコントローラーおよびコネクティビティ事業部担当上席副社長であるSudhir Gopalswamyは、「IoTデバイスにとってユーザー プライバシーおよびデータ保護の重要性がこれまでになく増し、世界書く国の政府が国民を保護するための新しい法案を採択しているなか、セキュアなIoTデバイスを設計することは容易ではありません。実現には、アプリケーションやシステム、組み込みシステムのハードウェア レイヤーにわたるスキルが必要です。サイプレスは、PSoC 64 Secure MCUにシステム セキュリティ ソフトウェアを統合することにより、信頼性の高いプラットフォームを提供しながら、設計者が最終製品の差別化に集中できるようにします」と述べています。

Arm社のEmerging Business Groupの担当ヴァイス プレジデント兼ジェネラル マネージャーであるPaul Williamson氏は、「1兆台のデバイスが接続される世界では信頼性が不可欠で、この信頼性の実現は業界の責任です。PSA Certifiedによって、IoTソリューションの開発者とデバイス メーカーは、自らのソリューションがPSAの原則に従ってセキュアな基礎の上に設計されたことを確認できます。Arm Mbed™ OSとTrusted Firmwareを使用しているサイプレスは、PSoC 64 Secureファミリでレベル1のPSA Certifiedソリューションを初めて実現したパートナーの1社です」と述べています。

PSoC 64 Secure MCUの製品ラインの設計は、サイプレスのModusToolbox™スイートでサポートされます。設計者は、Amazon Web Services (AWS) やArm Pelion™、Alibabaなど、セキュアIoTプラットフォームから好みのシステム ファームウェアを選択してアプリケーション開発を行い、セキュアブート イメージのコンフィギュレーションおよび検証を行うことが可能です。MCUは、セキュア ストレージとファームウェアで構成されるハードウェア ベースのRoot-of-Trustを統合しており、コマンド ベースの一連のトラステッド サービスを確立できます。Root-of-Trustには、真性乱数生成 (TRNG) に加えてハードウェア アクセラレーションによる暗号化が含まれます。ModusToolboxスイートは、単一環境内にクラス最高のコネクティビティとプロセッシング、センシング、セキュリティ機能を統合しており、サードパーティ ソリューションへのオープン アクセスも提供します。これによりエンジニアは、差別化された高付加価値の製品の実現に集中することができます。

Embedded WorldにおけるサイプレスのIoTポートフォリオ出展について

サイプレスは2月26~28日、独ニュルンベルクのニュルンベルク エキシビジョン センターで開催中のEmbedded World 2019において、PSoC 64 Secure MCU製品ラインを組み込みシステム ソリューションの全ポートフォリオと併せて展示を行っています。


PSoC 6 MCUについて

PSoC 6アーキテクチャはUltra-Low-Power 40nmプロセス技術で製造され、低消費電力設計手法によりウェアラブル端末の寿命を1週間にまで延長します。Arm(R) Cortex(R)-M4およびCortex-M0+のデュアルコア アーキテクチャにより、消費電力と性能を同時に最適化します。デュアルコアとコンフィギュレーション可能なメモリおよびペリフェラル保護ユニットを組み合わせることにより、ArmのPlatform Security Architecture (PSA) によって定義されている最高レベルの保護を実現します。また、ソフトウェア ペリフェラルを使用して、E-Inkディスプレイなどの革新的なシステム コンポーネント向けにカスタム アナログ フロントエンド (AFE) やデジタル インターフェースを開発することが可能です。さらに、業界をリードするサイプレスのCapSense(R)静電容量センシング技術の最新世代を搭載しており、強力で信頼性の高い最新のタッチ アンド ジェスチャー ベース インターフェースを実現できます。


供給体制

サイプレスのSecureBoot機能を備えたPSoC 64 Secure MCUは、2019年第1四半期にサンプル出荷が開始され、2019年第2四半期に追加製品のリリースを予定しています。


サイプレスとつながろう

· Twitter: @NipponCypress
· Facebook: CypressJapan


サイプレスについて

サイプレスは、世界で最も革新的な車載や産業機器、スマート家電、民生機器および医療機器製品向けに、最先端の組み込みシステム ソリューションを提供するリーディング カンパニーです。サイプレスのマイクロコントローラーや、アナログIC、ワイヤレスおよびUSBベースのコネクティビティ ソリューション、高い信頼性と高性能を提供するメモリ製品は、各種機器メーカーの差異化製品の開発と早期市場参入を支援します。サイプレスは、ベストクラスのサポートと開発リソースをグローバルに提供することで、彼らが従来市場を破壊しまったく新しい製品カテゴリを歴史的なスピードで市場投入できるよう支援します。詳細はサイプレスのウェブサイト (japan.cypress.com) をご覧ください。


###


Cypress、Cypressのロゴ、PSoC、CapSenseはサイプレス セミコンダクタ社の登録商標であり、ModusToolboxは当社の商標です。その他すべての名称は、それぞれの所有者に帰属します。


サイプレスお問い合わせ先:
サイプレスセミコンダクタ info-japan@cypress.com

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング