1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

ギャラリスト[三潴末雄]登場!昨今のシティポップの世界的ブームから若手起業家のアート志向まで、常に新しい潮流が訪れる現代アートの最前線にいる三潴末雄とアートの未来をトーク!/ディスカバリーチャンネル

PR TIMES / 2021年12月1日 13時45分

会田誠、山口晃、池田学‥‥そのほかにも天才・鬼才がズラリ!個性的な現代アーティストが多数所属するミヅマアートギャラリーのエグゼクティブディレクター三潴末雄と愉快な仲間たち。

『クリエイターとその愉快な仲間たち』ディスカバリーチャンネル (金曜19:30) 2021年12月3日、10日、24日、31日放送・配信。茂木健一郎、トラウデン直美がMCとなり、トップクリエイターとその愉快な仲間たちを迎え、クリエイターの発想の源に迫ります



12月のマンスリーゲスト 「三潴末雄」
日本の現代アートギャラリストの第一人者「ミヅマアートギャラリー」の三潴末雄(ミヅマ・スエオ)むかえ、その愉快な仲間、岡本瑛里(アーティスト)、米谷健 + ジュリア(アーティスト)とともに4週に亘って特集番組を放送・無料配信いたします。現代アートとアーティスト本人の魅力、アートの未来について縦横無尽にトーク!アートの今と未来に迫ります。

愉快な仲間 「岡本瑛里」
岡本瑛里は民話や伝承から得た主題を、取材や研究を重ねたフィールドワークと独自の解釈を通して、緻密な構成と筆致、幾重にも重ねられた絵の具の色層によって丹念に描き出す。三潴末雄が「10年にひとりの逸材」と認めるその訳とは?12月に開催の個展の下描きも披露します。

愉快な仲間 「米谷健 + ジュリア」
国際的に活躍する日本人とオーストラリア人によるアーティストユニット・米谷健+ジュリア。彼らの作品は科学から地方の伝承まで幅広く関心を持ち、美・ユーモア・毒を併せ持つ。社会への問題意識と人間の想像力を刺激する一方、実生活では農業を営む異色の二人の素顔に迫る。
[画像1: https://prtimes.jp/i/40099/29/resize/d40099-29-6aaee8529f090021256c-14.jpg ]


[画像2: https://prtimes.jp/i/40099/29/resize/d40099-29-17f5bf21f7f396b8a3e3-10.jpg ]

〈愉快な仲間たち〉
[画像3: https://prtimes.jp/i/40099/29/resize/d40099-29-eb7dfa96dffc594d1eb9-6.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/40099/29/resize/d40099-29-9bf42ea25f8f7be1ab37-12.jpg ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/40099/29/resize/d40099-29-aae4b1aa15d3cdbb2e68-11.jpg ]

[画像6: https://prtimes.jp/i/40099/29/resize/d40099-29-9ba0aca95451d31a189d-13.jpg ]

【 放送日時 】
・CS放送 ディスカバリーチャンネルにて毎週金曜午後7時30分より (翌週金曜午前9時より再放送)
・ディスカバリーチャンネル 公式WEBサイト
  ( https://www.discoveryjapan.jp/program/creativetv/ )にて、無料配信
・デザインアソシエーションNPO YouTube( https://youtube.com/user/designchannel100 ) にて、
 無料配信
【 番組概要 】
この番組は人間みなクリエイターをコンセプトに、様々なジャンルで活躍するトップクリエイターとその仲間たちが語り 合うトーク番組です。茂木健一郎、トラウデン直美がMCとなり、クリエイターの発想の源に迫ります。 毎週金曜日、4週に亘って番組を放送・無料配信いたします。
〈12月17日は『第13回エイブル空間デザインコンペティション』の特集番組をお送りいたします〉

【 2021年12月マンスリーゲスト 】
12月3日・10日・24日・31日 金曜午後7時30分~4週に亘って放送


[画像7: https://prtimes.jp/i/40099/29/resize/d40099-29-cd2e2c7b598d6ac8fcea-0.jpg ]


ミヅマアートギャラリー エグゼクティブ・ディレクター。東京生まれ。成城大学文芸学部卒業。
1980年代からギャラリー活動を開始、1994年ミヅマアートギャラリーを東京・青山に開廊(現在は新宿区市谷田町)。2000年から海外のアートフェアに積極的に参加。2008年に北京にMizuma & One Gallery、2012年にシンガポールにMizuma Gallery、2018年にはニューヨークにMizuma&Kipsを開廊。
著書に『アートにとって価値とは何か』(幻冬舎刊)、『MIZUMA 手の国の鬼才たち』(求龍堂刊)がある。
(撮影 野口博)


〈愉快な仲間たち〉
12月10日


[画像8: https://prtimes.jp/i/40099/29/resize/d40099-29-c5fe90559e5f0f3e2651-1.jpg ]

1987 年千葉県生まれ。2017 年東京藝術大学大学院美術研究科博士後期課程油画技法材料修了。研究や取材を重ねた独自の解釈によって、主に民話や伝承から採った主題を描く。緻密な画面構成や、高い技術に裏付けされた描写力に加え、絵具を何層にも塗り重ねることで鮮やかさとともに深みのある色彩を生み出す。近年では、インドネシアで滞在制作するなど活動の場を広げている。個展「謡にまみえに」(2010年、ミヅマアクション)、「対流圏」(2016年、ミヅマアートギャラリー)を開催。主な受賞歴として、2010 年に台東区長賞、サロン・ド・プランタン賞、O 氏記念賞。
https://mizuma-art.co.jp/artists/okamoto-ellie/

三潴末雄が「10年にひとりの逸材」と認める「愉快な仲間」岡本瑛里の個展「素兎を南に追って」をミヅマアートギャラリーで開催中。番組でも紹介する、インドネシアにて初めて異国の地のフィールドワークを経て、新たな一歩を踏み出した奮闘と飛躍を実際にご覧いただけます。 2022年1月15日(土)まで。詳しくはHPへ。
https://mizuma-art.co.jp/

12月31日


[画像9: https://prtimes.jp/i/40099/29/resize/d40099-29-5f21d52eca8237113be2-2.jpg ]

1971年東京都生まれの米谷健と72年東京都生まれの米谷ジュリアによるユニット。環境問題や社会問題などをテーマに入念なリサーチを行い、独自の手法で美しくも不気味なものへと変換させる作品は、インスタレーション、ビデオ、パフォーマンスなど多岐にわたる。2015年オーストラリア国立美術館、2020年角川武蔵野ミュージアムでの個展をはじめ、2017年ホノルル・ビエンナーレ、2013年シンガポール・ビエンナーレ、2009年ヴェネツィア・ビエンナーレ(オーストラリア代表)出品など、国際的に活躍。
https://mizuma-art.co.jp/artists/ken-julia-yonetani/


【 MC 】
[画像10: https://prtimes.jp/i/40099/29/resize/d40099-29-a53c42100c669e3ed49d-4.jpg ]

脳科学者。ソニーコンピュータサイエンス研究所シニアリサーチャー。1962年10月20日東京生まれ。東京大学理学部、法学部卒業後、東京大学大学院理学系研究科物理学専攻課程修了。理学博士。理化学研究所、ケンブリッジ大学を経て現職。専門は脳科学、認知科学。「クオリア」(感覚の持つ質感)をキーワードとして脳と心の関係を研究するとともに、文芸評論、美術評論にも取り組んでいる。2005年、『脳と仮想』で、第四回小林秀雄賞を受賞。2009年『今、ここからすべての場所へ』で第12回桑原武夫学芸賞を受賞。2006年1月より2010年3月まで、NHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』キャスター。BS日テレ『IMAGINE 発想の種』番組MC。
https://twitter.com/kenichiromogi

[画像11: https://prtimes.jp/i/40099/29/resize/d40099-29-f577de9c38e934179f5c-3.jpg ]


モデル・タレント。「2013ミス・ティーン・ジャパン」でグランプリを受賞。13歳で小学館「CanCam」の史上最年少専属モデルとしてデビュー。同年10月号で連載を開始する。TGCや神戸コレクションなどファッションショーにも多数出演。


慶應義塾大学在学中の知性派モデルとして報道や情報番組でコメンテーターとしても活躍中。
https://www.instagram.com/naomi_trauden_/


~これまでの放送~ WEBにて無料配信中

【 2021年11月マンスリーゲスト 】
堀出隼(アートディレクター)
〈愉快な仲間たち〉
堀出美沙(フードコーディネーター)
有坂塁(移動映画館キノ・イグルー)

【 2021年10月マンスリーゲスト 】
宮島⻯治(映画編集技師)
〈愉快な仲間たち〉
小林聖太郎(映画監督)
石⽑浩介(CMディレクター/ 株式会社ロボット 取締役 常務執行役員)
ふくだももこ(映画監督)

【 2021年9月マンスリーゲスト 】
アオイヤマダ(ダンサー)
〈愉快な仲間たち〉
山田智和(映像作家・映画監督)
坂本美雨(ミュージシャン)

【 2021年8月マンスリーゲスト 】
加藤勇志郎(キャディ株式会社 代表取締役)
〈愉快な仲間たち〉
原健一郎(DCMベンチャーズ / ベンチャーキャピタリスト)
小橋昭文(キャディ株式会社 CTO)

【 2021年7月マンスリーゲスト 】
三澤彩奈(ワイン醸造家)
〈愉快な仲間たち〉
小泉文明(株式会社メルカリ 取締役会長 株式会社鹿島アントラーズFC 代表取締役社長)
石田 博(日本ソムリエ協会 副会長/レストラン ローブ ソムリエ)

【 2021年6月マンスリーゲスト 】
高橋あず美(シンガーソングライター)
〈愉快な仲間たち〉
植松陽介(シンガーソングライター)
良波 岳(ホップ農家)
宮下祐介(若者コミュニティ Bridge 主宰)

【 2021年5月マンスリーゲスト 】
村上敬亮 (経済産業省 中小企業庁 経営支援部 部長)
〈愉快な仲間たち〉
古田秘馬(プロジェクトデザイナー)
utako(シンガー)
宮崎 京(モデル・女優)

【 2021年4月マンスリーゲスト 】
高井 研 (ミスター深海探査 / JAMSTEC)
〈愉快な仲間たち〉
サッシャ(ラジオDJ)
浦 環(自律型海中ロボット開発者 / 東京大学名誉教授)

【 2021年3月マンスリーゲスト 】
谷尻 誠(建築家)
〈愉快な仲間たち〉
白石 晃(京都府立大学 大学院生 / エイブル空間デザインコンペティション グランプリ)
ととのえ親方 / 松尾 大(プロサウナ―)

【 2021年2月マンスリーゲスト 】
為末 大(元陸上選手)
〈愉快な仲間たち〉
青木崇行(カディンチェ株式会社 CEO / 一般社団法人アスリートソサエティ 事務局長)
木村光伯(株式会社 木村屋總本店 代表取締役社長)

【 2021年1月マンスリーゲスト 】
大平貴之(プラネタリウムクリエイター)
〈愉快な仲間たち〉
八谷和彦(メディアアーティスト)
川田十夢(開発者・AR三兄弟)

【 2020年12月マンスリーゲスト 】
紫舟(書家・アーティスト)
〈愉快な仲間たち〉
長谷川喜美(空間デザイナー)
中西健夫(株式会社ディスクガレージ取締役会長・一般社団法人コンサートプロモーターズ協会会長)

【 2020年11月マンスリーゲスト 】
坂本健二(アウグスビール株式会社 社長)
〈愉快な仲間たち〉
吉田 瞳(谷中ビアホール・女将)
廣瀬大祐(建築家)
川上麻衣子(女優)


【 番組提供 】
株式会社エイブル https://www.able.co.jp/
清水建設株式会社 https://www.shimz.co.jp/

--------------------------------------------------
<デザインアソシエーションNPOについて>
デザインアソシエーションNPOは、デザイン文化の創造やデザインビジネスの活性化、次代のデザイナーの育成を目的に、デザインを通して社会貢献を行う運動体です。

●現在、多岐にわたるデザインビジネスのご相談をオンラインミーティングにて受け付けております。
・クリエイティブの力で地方を元気にする “地方創生”コンサルティング
・様々なジャンルのクリエイティブをテレビ番組で発信。放送中の『クリエイターとその愉快な仲間たち』
・ブランドに秘められたストーリーを独自に取材し、映像化する“BRAND STORY”
・広告、書籍出版、新聞、パッケージデザインなど、豊富なデザイン制作の実績を持つ“デザイン工房”
・クリエイティブ業界の幅広いネットワークを活用した企画立案“コンサルティング・プロデュース”
・イタリア ミラノのコンペティションサイトdesignboomをパートナーに、自治体や企業の求めるアイディアを世界中から募る“世界公募”
・ミラノサローネをはじめとし、海外展示会の出展をサポートする“海外出展サポート”
・クリエイティブの起源を探る発想の企画展を実施する“INSPIRE展”
https://designassociation.jp/

●番組の支援にご興味のある皆様(スポンサー・広告代理店)は、デザインアソシエーションNPOまでお問合わせください。

<ディスカバリー・ジャパンについて>
米国ディスカバリーの日本法人。1985年6月より米国でディスカバリーチャンネルの放送を開始。現在220以上の国と地域、約50言語にて放送を行っており、世界数十億世帯が視聴可能な世界最大級のノン・フィクションメディア企業です。ディスカバリーは、リアルライフ・エンターテインメントにおけるグローバルリーダーとして、年間8,000時間以上のオリジナル番組を制作し、様々なジャンルにおいて世界中で多くのファンを魅了しています。日本国内においては、1997年よりディスカバリーチャンネル、2000年よりアニマルプラネットのCS放送を開始。
https://www.discoveryjapan.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください